家づくり情報 | カスタムホーム CUSTOM HOME|世界にたった1つの理想の家|注文住宅|大阪|枚方市

家づくり情報

1,000万円 2,000万円 3,000万円 4,000万円の家って何が違うの?

こんにちは、CUSTOM HOMEです。

 

「高級な住宅とローコスト住宅で、一体何が違うの?」と疑問に思ったことはありませんか?

 

最近では、さまざまな価格帯の住宅があります。
「1,000万円で家が本当に建つの?」「4,000万円、5,000万円の家は何が違うの?」と気になりますよね。
今回は、価格帯による家の違い、適切な予算の決め方について、お話していきたいと思います。

 

 

■住宅の平均価格は?

 

2020年度の住宅支援機構のデータによると、注文住宅の平均所要資金は約3,500万円で、2010年度から上昇傾向にあります。
ちなみに所要資金とは、土地取得費と予定建設費を合計した金額です。
近畿圏の平均所要資金は3,700万円で、全国平均より高くなっています。

 

また、注文住宅の平均住宅面積は約124.4㎡(約38坪・約75帖)です。
2010年度は130㎡を超えていましたが、下降傾向にあります。
なお、近畿圏の平均住宅面積は127.4㎡(約39坪・約77帖)です。
ただし、あくまで平均データなので、これより大きなお家も小さなお家もあると考えてください。

 

坪単価を計算すると、全国平均は92万円、近畿圏の平均は95万円ということになります。
もし、大坂で多くの方が希望する30坪の家を建てるとすると、30坪×92万円=2,760万円かかることになります。

 

住宅の価格を考える時、広さも重要な要素です。
坪単価が92万円とすると、床面積が38坪なら3,500万円ですが、床面積を25坪にすれば2,300万円で同じレベルの家を建てられます。
価格だけを基準とせず、広さによって価格は変わることを押さえておきましょう。

 

平均データをおさらいしたところで、続いては、価格帯別の家の違いを見ていきましょう。

 

■1,000万円の家とは?

 

「本当に1,000万円で家が建つの?」と疑問に思う方は多いでしょう。
結論から言うと、建てることは不可能ではありませんが、多くの制限がつくことになります。

 

 

 

外壁がデコボコしていると住宅価格は高くなるため、1,000万円の家は、真四角の外観が基本です。
また、廊下をできるだけなくすなど、無駄のない最小限の間取りにする必要があります。

 

リーズナブルな建材や設備を使用するのもポイントです。
ビニールクロスやフローリングなら、自然素材等と比べて、価格が安くなります。

 

 

1,000万円の家なら、設備も最低限のものになります。
ハイグレードな設備を入れることはできません。
リーズナブルなグレードの中から、好みのカラーを選ぶような感覚です。

 

しかし、豪華な設備でなくとも、お風呂やトイレ、キッチンが使えないわけではありません。
賃貸の設備で満足されているなら、生活に支障はないといえるでしょう。

 

「毎日使うものだから、もっと良い設備を…」と思うなら、予算1,000万円では希望は叶えにくくなります。

 

 

1,000万円の家を建てる時に注意したいのが、断熱性や耐震性などの住宅の性能面です。
デザインだけ見映えよくして、性能を落としている住宅も残念ながら存在します。

 

断熱性が低いと、夏暑く冬寒い家になり、快適に暮らせません。
光熱費がかかり、かえって生活コストが上がることもあります。
たとえば、住宅性能で毎月1万円光熱費に差が出るとすると、30年で360万円、50年で600万円もの差がつきます。

 

また、部屋ごとの温度差や寒さなどから、肺機能の低下や免疫力の低下を招き、体調を崩してしまう恐れもあります。
さらには、ヒートショックのように命にかかわる事態になることもあり得ます。

 

耐震性能も、家族の安全に大きくかかわります。
工法や構造について正しい知識を持ち、十分な耐震性能を備えているかを確認しましょう。

 

1,000万円の家を建てる時は、性能の知識を身に着け、快適に安全に暮らせる性能かどうかをしっかり見極めることが大切です。

 

■2,000万円の家とは?

 

2,000万円前後の家なら、性能面はクリアできることが多いでしょう。
また、お金をかける部分・かけない部分のメリハリをつけることで、少し良い設備を導入することもできるようになります。

 

しかし、このぐらいの価格帯は、オプションをつければいくらでも良いものを導入できるため、つい金銭感覚がくるってしまい価格が上がる傾向があります。
住んでからの暮らしをイメージしながら、本当に必要かどうか、家族でよく話し合いましょう。

 

高気密高断熱や換気計画などは、これからの日本の家づくりで押さえておかなければならない重要なポイントです。
見た目や雰囲気に惑わされず、性能についてもしっかり確認してください。

 

2,000万円の家となると、「できること」の選択肢が広がる分、しっかり相性のいい住宅会社を見極めることも大切です。
数社比較検討し、自分たちにとって理想の家を建ててくれる会社を探しましょう。

 

▽CUSTOM HOMEの施工事例

 

 

 

 

 

 

 

 

■3,000万円の家とは?

 

3,000万円の家ともなると、誰にでも自慢できる性能やデザインの家を建てることができます。
ハイグレードなキッチンなど、憧れの設備を導入することもできるでしょう。

 

ただし、どのくらいこだわりを反映させるかによって、価格は大きく影響を受けます。

 

自慢できるポイントを5つでなく3つに抑えれば、3,000万円以内の価格で家を建てられるかもしれません。
逆に、自慢できるポイントを8つにすれば、3,500万円になることもあり得ます。

 

「良いものはそれなりの価格になる」という当たり前の事実を踏まえて、間取りやデザイン、性能に優先順位をつけ、悔いのない家づくりをすることが大切です。

 

▽CUSTOM HOMEの施工事例

 

 

 

 

 

 

 

■4,000万円以上の家とは?

 

4,000万円以上の家ともなると、ほとんどの希望を叶える家づくりが可能です。
こだわりや要望をすべてプランに盛り込んでいくと、4,000万円を超えることが多いとも言われています。
つまり、4,000万円は、予算を気にせずプランニングできる価格帯といえます。

 

▽CUSTOM HOMEの施工事例

 

 

 

 

 

 

マイホームは、家族が人生の長い時間を過ごす場所です。安さだけにこだわって住宅を決めるのは危険です。たとえ安くても、快適に過ごしたい自宅でひたすら我慢を強いられるなんて、本末転倒です。

 

最近の研究は、我慢が健康に悪い影響を及ぼすこともわかってきています。家族の健康を守るためにも、性能や間取り、デザインのバランスを考慮して、自分たちに合う予算で家づくりをしましょう。

家づくり情報

【2022年注目の補助金】こどもみらい住宅支援事業とは

こんにちは、CUSTOM HOMEです。

    

子育て支援とカーボンニュートラル(脱炭素社会)の実現を目的として、2021年度補正予算に「こどもみらい住宅支援事業」が創設されました。

 

子育て世帯や若者夫婦世帯が省エネ性能の高い住宅を新築・購入した場合や、省エネ改修のリフォームを実施した場合に、補助金の還元を受けられます。

 

「こどもみらい住宅支援事業」には、「注文住宅の新築」「新築分譲住宅の購入」「リフォーム」の3種類があります。ここからは特に「注文住宅の新築」について、対象者や対象住宅の要件を詳しく解説していきます。

 

2022年に新築で注文住宅を建てる方は、要件を満たすことで60万円以上の還元を受けられる可能性があるので、ぜひチェックしてみてください。

 

 

対象となる建築業者
「こどもみらい住宅支援事業」では、事業者登録後に着工した場合のみ、補助金の交付を受けられます。CUSTOM HOMEでは、いちはやくご案内できるよう、事業者登録スタート当日の1月11日に申請・登録完了いたしました

※「こどもみらい住宅事業者の検索」ページより

     

この制度には期日が設けられており、予算を使い切った場合は、前倒しで終了するとのアナウンスもございます。「こどもみらい住宅支援事業」の利用をお考えの方はお早めに登録事業者までご相談ください。

 

    

対象となる方
●18歳未満のお子様のおられる子育て世帯
もしくは、
●夫婦のどちらかが39歳以下の若者夫婦世帯

 

CUSTOM HOMEでは、対象となられる方にスタッフより詳細をご案内しております。

 

対象住宅と補助額
住宅の省エネ性能に応じて、60万円・80万円・100万円という3段階の補助額が設定されています。CUSTOM HOMEでは、標準仕様で60万円の補助金の交付を受けられます。また、必要に応じて80万円・100万円の補助金の交付対象となる家創りも可能です。

 

住宅性能と補助額は次の通りです。
ZEH(ゼッチ)、Nearly ZEH、ZEH Ready、ZEH Oriented
(強化外皮基準かつ再エネを除く一次エネルギー消費量▲20%に適合するもの)
補助金100万円/戸

 

高い省エネ性能等を有する住宅
(認定長期優良住宅、認定低炭素建築物、性能向上計画認定住宅)
補助金80万円/戸

 

省エネ基準に適合する住宅
(断熱等級4かつ一次エネ等級4以上を満たす住宅)
補助金60万円/戸

 

※住宅の延べ面積は50㎡以上が条件。土砂災害特別警戒区域における住宅は原則除外。

 

省エネ性能とコストパフォーマンス
「こどもみらい住宅支援事業」の補助金の還元を受けるには、省エネ性能の高い住宅を建てられる建築業者と家づくりをする必要があります。住宅性能は建築業者によって異なるため、契約前によく確認しましょう。

 

しかしながら、住宅は高性能であるほど良いという訳ではありません。お金を掛ければ高性能な住宅になりますが、ある一定を境にコストパフォーマンスは低下します。

 

地域の気候やお客さまのライフスタイルを踏まえながら、本当に必要な性能を見極め、コストパフォーマンスの高い家づくりを提案。資金面からも安心して“楽しく”家づくりができるよう、しっかりサポートしてくれる、信頼できる建築業者と家づくりをしましょう。

 

    

申請期限・スケジュール
「こどもみらい住宅支援事業」の補助金の還元を受けるには、2022年10月31日までに登録事業者と契約し、着工や交付申請まで完了させる必要があります。また、一定以上工事を進め、出来高確認書を提出しなければなりません。

 

注文住宅を建てるには半年~1年ほどかかることが一般的です。補助金の還元を受けて家づくりをしたい方は、お早めにご相談ください。

 

申請の流れ
「こどもみらい住宅支援事業」は、他の補助金のように、お客さまご自身で申請することはできません。

 

建築業者がお客さまに代わって申請手続きを行い、補助金の交付を受けます。そして、補助額を工事代金に充当することで、お客さまへと還元します。

 

現金として補助金を直接受け取れる訳ではなく、あくまで工事代金に充当されるという点を押さえておきましょう。

 

手数料
補助金の申請手続きでは、省エネ性能を満たすことについて、外部機関による証明が必要です。

 

そのため、工事代金に充当されるのは、補助金の全額ではなく、手数料を差し引いた金額です。「手数料がいくらかかるのか」も、建築業者と契約する際によく確認しておきましょう。

 

CUSTOM HOMEでは、手数料をいただかずに申請する方法もご案内可能です(申請内容によっては手数料が発生します。詳しくはご相談ください)。

 

まとめ
CUSTOM HOMEでは、事業者登録が始まる前から、「こどもみらい住宅支援事業」について情報収集を行ってまいりました。

 

また、地元である枚方市では『若者世代空き家活用補助制度』についてもご案内しております。こちら、枚方市発行の冊子に当社が掲載される予定です。空き家を除却して注文住宅を新築する場合、工事費用が最大100万円補助されます。

 

今後もお客様に役立つ情報収集を行い、タイムリーにお届けしてまいります。

 

補助金について分からない点や不安な点があれば、お気軽にご相談ください。専門知識が豊富な建築プロデューサーが、親身にご説明させていただきます。

 

最後に。繰り返しになりますが、資金面からも安心して家づくりができるよう、しっかりサポートしてくれる、信頼できる建築業者と“楽しい”家づくりをしましょう

 

追記:2020年5月10日】申請期限と予算が変更されました!

▼ 4月28日 国土交通省からの発表
①申請期限を延長
【変更前】2022年10月末
【変更後】2023年 3月末
※ただし、新築住宅については建物仕様につき契約期限が異なる
②予算額を増額
【変更前】 542億円
【変更後】1,142億円(+600億円)

▼①の※について
60万の補助金(標準仕様での申請)を ご希望の方は、お早めにお問い合わせ下さい。

契約期限が2022年6月末と逆に短くなり、変更前よりもタイトなスケジュールになりました。

 

ZEH(100万)や長期優良住宅等(80万)およびリフォームについては、
契約期限も2023年3月末までと延長されています。

 

詳細は下記URLより ご確認いただけます。
https://kodomo-mirai.mlit.go.jp/news/2022042801.html

家づくり情報

枚方市の家づくり最大100万円補助!「若者世代空き家活用補助制度」とは?

こんにちは、CUSTOM HOMEです。


マイホームは一生に一度の大きな買い物といわれます。
せっかくなら、制度を活用してお得に建てたいですよね。


枚方市で古家付きの土地を購入して注文住宅を建築すると、「若者世代空き家活用補助制度」の対象となり、最大100万円の補助金を受け取れる可能性があります!


「古家付きの土地だと割高になるのでは?」と考える方も多いですが、必ずしもそうとは限りません。解体費用等を考慮しても、補助金を受け取ることで、更地を購入するより良い条件で土地を入手できる可能性があります。


対象となる要件を詳しくて見ていきましょう!


【交付対象者】
・若者世帯(40歳未満の夫婦等)
・子育て世帯(18歳以下の子を持つ夫婦等)
※いずれかに該当。


【交付対象者の要件】
・市外に1年以上居住している。
・市内の賃貸住宅に1年以上居住している。
※いずれかに該当。


【補助対象の空き家】
・昭和56年5月31日以前に着工された、居住されていない一戸建ての住宅または長屋住宅。
・立地適正化計画に定める都市機能誘導区域・居住誘導区域・居住環境保全区域のいずれかにある。
・事前協議受付日以降に売買契約を締結している。
※3つの要件をすべて満たす場合。


【補助対象の行為】
・補助対象の空き家を取得し、空き家を除却し、跡地に住宅を新築する。
・補助対象の空き家を取得し、空き家を耐震改修およびリフォームをする。
※いずれかに該当。


【補助金額】
・新築の場合:空き家を除却し、新築する工事の合計で、上限100万円を補助。
・リフォームの場合:空き家を耐震改修しリフォームをする100万円以上の工事代金の2分の1の額。上限を100万円として補助。


補助金を受け取るには、古家付きの土地を購入する前に、事前協議をする必要があります。事前協議には、事前協議書、登記簿謄本、新築工事の見積書等が必要です。


補助金の募集件数は、事前協議書の受付順に、40件までとなっています。補助金を受け取りたい方は、お早めにご相談ください。


枚方市にヘッドオフィスを構えるCUSTOM HOMEでは、土地探しからお客さまの家づくりをサポートしています。古家付きの土地をはじめ、注文住宅の新築に向かないように見える土地でも、プロが見れば、魅力的なプランを描けることは多々あります。


立地や広さは気に入ったものの、掘り込みガレージの天井高が低く、お持ちの車が入らないことから、お客さまが購入をあきらめていた土地。


CUSTOM HOMEの建築プロデューサーは、現地や役所に赴き、調査を重ねました。その結果、土を取り除き、駐車スペースを確保するプランニングが可能と判明。スタイリッシュで美しい住まいが完成しました。


補助金の申請についても、経験豊富な建築プロデューサーが親身にサポートさせていただきます。枚方市で注文住宅を新築したい方は、お気軽に私たちにご相談ください。

家づくり情報

【土地選びの視点】一度はあきらめた土地に予想外のプランニング

こんにちは、CUSTOM HOMEです。

CUSTOM HOMEでは、これまで多くのお客さまの土地選びをサポートしてきました。
今回はその一例として、枚方市Sさま邸の土地選びについてお話します。

Sさまはネット検索で気に入った土地を見つけたものの、既存の掘り込みガレージの天井高が低く、お持ちの車が入らないことから、購入をあきらめていました。道路からの高低差も2mあるため、「ガレージが使えなかったら車を停める場所がない」と考えたのです。

CUSTOM HOMEの建築プロデューサーはこの土地に可能性を感じたことから、現地や役所に赴き、調査を重ねました。

その結果、隣家の掘り込みガレージが擁壁(ようへき)の役目を果たすため、土を取り除いてもサイドの崖崩れが起こらないことが判明。
土を取り除いて新たに駐車スペースを確保できる可能性が見えてきました。

「安息角」と呼ばれる自然な角度で土手を作れば、土が崩れ落ちる心配はありません。
駐車スペースと土手を作っても、残った土地で理想の家を建てられるかも課題でした。この点も十分に確認と検証を行い、問題がないとわかった上で、工事費を含めた詳細な資金計画を立て、お客さまにご提案しました。

お客さまは驚きながらも喜んでくださり、無事に家づくりがスタートしました。

こちらが、完成したSさま邸です。
広々とした駐車スペースのある、美しい外観に生まれ変わりました。既存のガレージは、自転車やバイク、アウトドア用品をしまう倉庫として活用しています。自転車が雨ざらしになる心配もありません。

階段を上がると、アプローチへと繋がります。お庭の広さもしっかり確保できています。

CUSTOM HOMEでは、専門家ならではの観点でお客さまの土地選びをサポートさせていただきます。新居を建てる土地についてお悩みの方は、お気軽にご相談ください。