こだわりの家づくり | CUSTOM HOME カスタムホーム

こだわりの家づくり

【天井の魅せ方3.】インテリアの見せ場となる「折り上げ天井」

こんにちは、CUSTOM HOMEです。

天井の選び方で、空間の印象は大きく変わります。この連載では、天井の種類を紹介するとともに、CUSTOM HOMEの施工事例をまじえて、素敵な空間を演出する工夫をご紹介します。

第3回は、「折り上げ天井」についてお伝えします。

折り上げ天井とは、中央部分が周囲よりも一段高くなっている天井のことです。高低差によって天井が高く感じられる効果があります。インテリアの見せ場として、リビングに採用されるケースが多いです。


折り上げ天井と間接照明を組み合わせると、光の関係で、天井の壁紙と折り上げた部分とに色の濃淡が生まれます。
調光もできる上の折り上げ天井では、中央と周りで同じ壁紙を使用していますが、照明によってツートンカラーに見えます。

上の施工事例では、照明が当たった時に中央の部分が周りの天井と同じ色に見えるよう、あえて異なる壁紙を使いました。

通常の高さの天井部分に、さらに濃い色の壁紙を採用すれば、逆に光による濃淡差を強調することもできます。

折り上げ天井をきれいに見せるには、照明器具を隠すとともに、光をまろやかにする工夫が大切です。
掘り込んだ部分の奥行を考慮して、手前になりすぎないよう照明をつけることがポイントです。

照明の位置が手前すぎると、掘り込んだ部分の角に当たり、壁側に強い光の線が入ってしまい、美しく見えません。照明を奥に入れ、奥の壁を照らした上で、二重に反射させると、光がまろやかになり美しいグラデーションが完成します。

CUSTOM HOMEは自社施工という強みを活かし、細部にこだわって空間づくりをしています。

ダイニングにはペンダントライトを設置する方が多いですが、あえて折り上げ天井+間接照明にするのもおすすめです。
ペンダントライトを設置すると、ダイニングテーブルの位置が固定されてしまいますが、間接照明なら模様替えも自由にできます。

いろいろな方向から光が入るため影が映りにくく、料理がさらに美味しそうに見える効果も期待できますよ。

今回は、CUSTOM HOMEの折り上げ天井の施工事例をご紹介しました。世界に1つだけの理想の家を建てたい方は、お気軽にご相談ください。

前回の【天井の魅せ方2.】では、立体感を楽しめる「下がり天井」についてご紹介しています。ぜひあわせてご覧ください。

https://custom-home.jp/2021/09/post2871/

こだわりの家づくり

【家づくりの思い込み】高気密・高断熱の家なら快適?

こんにちは、CUSTOM HOMEです。
  

前回の「【家づくりの思い込み】整形地・南向きがいいって本当?」

https://custom-home.jp/2021/08/post2842/

では、土地選びの思い込みに対してCUSTOM HOMEの建築プロデューサーが回答しました。
  

今回は、「高気密・高断熱の家なら快適なのか?」というテーマでお話します。高気密・高断熱の家は、「外気の影響を受けにくく快適」と言われていますが、はたして本当なのでしょうか?
  

高気密・高断熱であれば快適に過ごせるかというと、そうとは限りません。
  

高気密・高断熱の家は、例えるなら「魔法瓶」のような状態。冬場は、窓からの日光で室内の空気があたためられるので、暖房費を節約できるというメリットがあります。
  

一方、高気密・高断熱の家は熱が逃げないので、夏場は窓からの日光が入り、お部屋全体が暑くなってしまうというデメリットも。冷房効率が悪くなり、光熱費も上がってしまいます。
  

このようなデメリットを防ぐためにも、高気密・高断熱の家を建てる時は、「パッシブデザイン」を考慮することが大切です。パッシブデザインとは、光や風などの自然エネルギーを上手く利用する、お金のかからないデザイン手法のことです。
  

工夫次第で、冬場はたくさんの日光を採り込み、夏場はなるべく日射を遮蔽することも可能です。また、窓の配置や種類によって、換気のスピードや効率を大きく上げることも可能です。
  

CUSTOM HOMEでは、「高性能」に頼り過ぎることなく、パッシブデザインも取り入れて本当に快適な家づくりをしています。過ごしやすさにこだわって家を建てたい方は、ぜひご相談ください。

こだわりの家づくり

【子育てと家づくり⑥】家族が集える中庭のある住まい

こんにちは、CUSTOM HOMEです。
  

「子育てと家づくり」というと、つい親目線で子育てが楽になる工夫に注目しがちです。ですが、将来の親子の関係性も見据え、ご家族そろって楽しめる空間を作ることも大切です。
  

この連載では、「子育てと家づくり」というテーマで、CUSTOM HOMEが手掛けた施工事例をご紹介していきます。
  

お家に中庭があると、ご家族が一緒に過ごせる憩いの場になります。
  

以前は、ロッククライミングを設置するなど、子ども部屋を充実させるアイデアが人気でした。最近は、ご両親のおうち時間も増えたことから、ご家族が集まれる空間づくりを重視する方が増えてきています。
  

こちらの中庭では、アウトドアリビングとして利用できるウッドデッキと、お子さまがのびのび遊べる人工芝を組み合わせました。上に張ったタープが直射日光をカットし、中庭を快適な空間にしてくれます。
  

手前の柱にはハンモックを吊るし、さらに手前にはコンクリートのプレートを置きました。このスペースには車も停められるので、ご親戚やご家族が遊びに来たときにも便利です。おしゃれなリゾートのような空間に仕上げました。
  

大きな窓でLDKと中庭をつなげると、屋内にいる時の開放感もアップします。
  

CUSTOM HOMEでは、これからのお子さまの成長や、ご家族との関係性を見据えた家づくりをご提案しています。興味がある方は、ぜひ一度ご相談ください。

こだわりの家づくり

【天井の魅せ方2.】立体感を楽しめる「下がり天井」

こんにちは、CUSTOM HOMEです。

天井の選び方で、空間の印象は大きく変わります。この連載では、天井の種類を紹介するとともに、CUSTOM HOMEの施工事例をまじえて、素敵な空間を演出する工夫をご紹介します。

第2回は、「下がり天井」についてお伝えします。

下がり天井とは、一部分が下がっている天井のことです。凹凸の立体感を楽しめるほか、空間をゆるやかにゾーン分けする効果もあります。

こちらの和室では、天井クロスを張った下がり天井に、斜めに照明を埋め込みました。さらに、裏側に間接照明を仕込むことで、立体感を強調させています。ダイナミックで印象的な、和モダンな空間に仕上がりました。

料理上手なご主人こだわりのキッチンに、下がり天井を採用。高級感あふれるリクシルのキッチンに合わせて、下がり天井もブラックのクロスにしました。キッチンだけまるで異空間のような雰囲気に仕上げています。

こちらも、下がり天井の裏に間接照明を仕込みました。その分ダウンライトが少なくて済むので、空間がよりすっきりした印象になります。

面積が広いLDKは、天井が単調になりがち。キッチンかリビングに下がり天井を採用すると、程よいメリハリが生まれます。

CUSTOM HOMEの下がり天井の施工事例をご紹介しました。世界に1つだけの理想の家を建てたい方は、お気軽にご相談ください。

前回の【天井の魅せ方1.】では、開放感を演出する「勾配天井」についてご紹介しています。
ぜひあわせてご覧ください。

http://custom-home.jp/2021/08/post2795/