こだわりの家づくり | カスタムホーム CUSTOM HOME|世界にたった1つの理想の家|注文住宅|大阪|枚方市 - Page 7

こだわりの家づくり

【子育てと家づくり①】子ども部屋を作らない、という選択

こんにちは、CUSTOM HOMEです。

これまでは、お子さまが勉強したり遊んだりする「子ども部屋」を作るのが家づくりの常識でした。

しかし、私たちは「必ずしも子ども部屋を作らなくてもいいのでは?」と考えています。固定観念に縛られず、理想のライフスタイルをうかがい、お子さまの成長やご家族との関係性を見据えた柔軟なご提案をします。

この連載では、施工事例を通じて「子育てと家づくり」の考え方をお伝えします。今回は、個室としての「子ども部屋」を作らなかったSさま邸をご紹介します。

Sさま邸はスキップフロアの3階建てで、手前がリビング、奥がオープンな「子どもスペース」という間取りです。空間がそれぞれの役割を果たしながらもゆるやかにつながっているので、ご家族の暮らしにも一体感が生まれます。

スマートフォンやタブレットを持ち込んで快適に過ごせる子ども部屋を作ると、お子さまがLDKに出てこなくなってしまうことも。

今の時代、子どもに与える個室をあえて広くしないことが、家族間のコミュニケーションを育むことにつながると感じています。

CUSTOM HOMEでは、時代の変化やご家族のあり方を踏まえた理想の家をご提案します。子育てと家づくりについて悩んでいる方は、ぜひ一度ご相談ください。

こだわりの家づくり

【坪庭のある暮らし①】訪問客の印象に残る明るく開放的な廊下

こんにちは、CUSTOM HOMEです。

「生活の中で自然や季節を感じたい」と感じているなら、「坪庭のある家」を検討してみてください。「坪庭」とは、塀や壁に囲まれた小さな庭のことです。

坪庭には次のような魅力があります。


・季節や自然を身近に感じられる。
・家の中に光を採りこめる。
・開放感を演出できる。

この連載では、CUSTOM HOMEが手掛けた「坪庭のある家」の施工事例をご紹介していきます。

今回ご紹介するKさま邸の敷地は細長い形状だったことから、土地の個性を活かしたコの字型の住宅をご提案しました。

玄関から入ってすぐ、廊下に接した位置に坪庭があります。狭い印象になりがちな廊下ですが、坪庭があるだけで開放感が生まれ、訪問客の印象に残る空間に。

2階部分は吹き抜けになっています。壁一面の大きな窓は、光を1階の廊下まで届けてくれます。窓の開閉もできるため、風を室内に取り込めます。

素敵な坪庭を作ろうと思ったら、「窓から見える風景をどう切り取るか」がポイントです。どこから見るかによって、木や石、砂利のかもし出す印象は全く違ってきます。

CUSTOM HOMEは、窓の大きさや高さにまでこだわって、絵画のような美しい坪庭をご提案します。

今回ご紹介した事例のほかにも、CUSTOM HOMEには数多くの坪庭の施工実績があります。次回も素敵な坪庭をご紹介しますので、来月もぜひご覧ください。

こだわりの家づくり

「自社施工」にこだわる理由――棚板1枚にもこだわる家づくり

こんにちは、CUSTOM HOMEです。

CUSTOM HOMEでは、下請け業者に依頼せず、すべて自社施工で家づくりをしています。「お客さまに最上の形で家をご提供したい」という想いがあるからです。

複雑な工事だと、下請け業者の技術では対応しきれないことも。
CUSTOM HOMEでは、豊富な自社施工の実績があることから、複雑な工事も標準化されています。
そのため、細部にわたるまでお客さまのご要望を反映した家づくりが可能です。

たとえば、棚板1枚つけるだけでも、職人さんの技術力・センスが問われます。たとえば、コーナーに棚板をつける時、CUSTOM HOMEでは先に棚板をつけ、その上からクロスを貼ります。

しかし、下請け業者によっては、クロスを貼ってから引渡し直前に棚板をつけることも。そうすると、L型の金物がむき出しになってしまい、印象を損ねてしまいます。

このように、CUSTOM HOMEでは棚板1枚にもこだわって家づくりをしています。

また、下請け業者を介さないことで、価格を抑えて高品質な施工ができるという点もCUSTOM HOMEの特長です。
下請け業者を介すことで、下請け業者のマージンがお客さまの最終的に支払う金額に上乗せされてしまいます。

CUSTOM HOMEでは、価格をできる限り抑えて、理想を叶える家づくりをしています。「世界にたった一つの理想の家」を建てたい方は、私たちにご相談ください。

こだわりの家づくり

【花粉症対策と家づくり】エントランスクローゼットの活用術

こんにちは、CUSTOM HOMEです。

花粉症の方にとってはつらいこの季節。今回は、家づくりでできる花粉症対策の1つ、「エントランスクローゼット」についてお話します。

玄関を入ってすぐの位置に設けるエントランスクローゼット。
帰宅後、玄関でアウターを脱いでエントランスクローゼットにしまえば、アウターについた花粉を住空間に持ち込むことを防げます。

エントランスクローゼットから直接アクセスできる位置に玄関手洗いを設置すれば、帰宅後の動線もスムーズに。
エントランスクローゼットをウォークスルーにし、家族用玄関として使うというアイデアです。
アウターを脱ぎ、手を洗ってからLDKに向かえます。

帰宅後の動線を考慮した家なら、お子さまの手洗い習慣が自然と身につくというメリットも。教育の観点から間取りを考えることも大切です。

エントランスクローゼットに引き戸をつけておけば、サッと目隠しができるので、来客時も安心。
引き戸なら、ふだんは開け放っておくこともできます。

家づくりでできる花粉症対策は、新型コロナウイルスの感染予防対策としても有効と考えられます。

「家づくりでも花粉症対策を取り入れたい」「新型コロナウイルスによる生活様式の変化に合わせた家づくりをしたい」という方は、一度CUSTOM HOMEにご相談ください。