家づくり情報 | CUSTOM HOME カスタムホーム - Page 3

家づくり情報

憧れの「カーテンのない暮らし」が叶う家

こんにちは、CUSTOM HOMEです。

お部屋がより開放的で明るくなり、開け閉めやお手入れの手間も省ける「カーテンのない暮らし」。
興味がある、憧れるという方も多いのではないでしょうか。

カーテンのない生活をするうえで、最も気になるのが外からの視線です。
せっかく大開口窓をLDKに作っても、通行人から室内が見えてしまうようでは、居心地のいい生活は実現しません。

カーテンのない暮らしをしたいという方は、中庭をお部屋に面する位置に設ける、LDKを2階にするなどの工夫をしましょう。

外からの視線をカットすることが、カーテンのない暮らしを叶える第一条件です。

また、「明るい部屋にしたいから、カーテンやブラインドをつけたくない」という声も聞きますが、実はブラインドは日射の取得と遮へいのコントロールにも使えます。

角度を調節すれば、スラット(羽根)に光を当てて反射させ、窓から離れた位置まで光を届け、室内をより明るくすることも可能です。

明るさを重視したいのであれば、カーテンは付けず、ブラインドのみを取り入れてみるのもおすすめです。

せっかく開放感のある大きな窓を作っても、カーテンを閉めっぱなしではもったいないですよね。
CUSTOM HOMEでは、実際の暮らしまでイメージしてお客さまの理想を叶える家づくりをしています。お気軽にご相談ください。

家づくり情報

梅雨を快適に過ごす!家づくりで考えたい湿気対策

こんにちは、CUSTOM HOMEです。

湿気対策のポイントは、換気です。
換気というと、「第一種換気がいい」と考えている方も多いのではないでしょうか。

換気にはいくつかの種類があり、「第一種換気」では、給気・排気ともに機械で行います。
第一種換気は、外気を室温に近付けて給気する「熱交換」が付いているのがメリット。
しかし、第一種換気も決して万能ではありません。

第一種換気は、初期コストが高いことに加え、電気代がかかるため維持コストも高くなりがちです。
また、第一種換気だからといって、加湿・除湿機能があるわけではありません。

私たちは、第三種換気であっても、パッシブデザインを取り入れれば十分に快適な家にできると考えています。

第三種換気は小さなモーターで排気のみを行うので、非常に省電力。
ただ、「外気をどう取り込み、空調で整えた空気をどう運び、どこから家の外に出すか」という換気計画と、湿度・温度の管理が重要です。

きちんと計画すれば、高価な換気システムでなくても、エアコン1~2台のみで家中快適な温度を保てます。

寒くなりやすいトイレや脱衣所も、空気の流れを工夫すれば、温度差をなくすことも可能です。
危険な「ヒートショック現象」のリスクを下げられ、結露も軽減できます。

換気システムなどアクティブなものに頼るのではなく、自然を活かす「パッシブデザイン」を意識することで、コストをかけずに快適に過ごせる家が実現します。
興味のある方は、CUSTOM HOMEまでお気軽にご相談ください。

家づくり情報

家づくりの「後悔ポイント」を減らすには?

こんにちは、CUSTOM HOMEです。
  

完成したお家で実際に暮らしてみると、「もっとこうすれば良かった…」と後悔ポイントが出てくることも。今日は、「後悔ポイント」を減らすために意識しておきたい家づくりの考え方をお話します。
  

「家づくりの打ち合わせ=間取りとデザインを決めるもの」ととらえている方もいらっしゃいます。
  

しかし、「こんな間取りにしたい」「こんなタイルを使いたい」といった希望を組み合わせるだけが家づくりではありません。それでは、ただのアイデアの寄せ集めになってしまいます。
  

それでも、一見素敵な家は建ちます。しかし、結局は暮らしているうちに不便なことが出てきたり、デザインに飽きてしまったり、ライフステージの変化に対応できなかったりと、たくさんの後悔ポイントが出てきます。
  

ではどうすれば、後悔ポイントを減らすことができるのでしょうか。大切なのは、実際の生活をとことんイメージすることです。
  

どうすれば豊かになるか?
どうすれば楽しく過ごせるか?
何をしている時に幸福を感じるか?

  

そんな視点で、「幸せになるための暮らし方」を一緒に考え、創っていく過程が必要です。家を建てることが目的ではありません。家を建てることで、幸せな暮らしを叶えることが真のゴールなのです。
  

もう少し具体的にお伝えすると、間取りやデザインに加え、家電など暮らしに必要な道具も含めて考えていくことが大切です。そして、建てた家で家族それぞれがどんな風に暮らすのか、生活動線や家事動線を考え抜きます。
  

人の価値観やライフステージは、移ろいゆくもの。暮らしをイメージし、考え抜く中で、一緒に成長していけるような素敵な家ができあがります。
  

CUSTOM HOMEの家づくりは、これまでの人生を掘り下げ、理想の暮らし方をイメージするところからスタートします。「後悔しない家づくりをしたい」という方は、ぜひ私たちにご相談ください。

家づくり情報

自然のエネルギーを利用する「パッシブデザイン」

こんにちは、CUSTOM HOMEです。

最近の住宅は、気密性・断熱性に優れています。
高気密・高断熱の家なら、それだけで快適な生活が叶うと思われがちです。

しかし、日射の取得や遮蔽、通風を考慮する「パッシブデザイン」を取り入れなければ、快適な生活は実現しません。パッシブデザインとは、自然のエネルギーをどう利用するかを考えて建物を設計することです。

例えば、外からの光がたっぷり入る設計にすると、その分、熱もお家の中に入ってきます。高気密・高断熱の家では、気密性・断熱性が高いがゆえに、その熱を外へ逃がすことができません。そのため、熱をうまく逃がす方法を考える必要が出てきます。

熱対策の1つとして、「軒」を出すことが考えられます。
軒を出すと、太陽の角度が急な夏は、日陰ができて熱の侵入を防げます。一方、太陽の角度がゆるやかな冬は、デッキからリビングまでたっぷり光と熱を取り入れられます。

デッキや大開口窓を取り入れるなら、夏は光を抑えて、冬は光を取り込む工夫が大切です。

CUSTOM HOMEでは、トレンドやこだわりを取り入れながらも、「本当に快適に暮らせるかどうか」という視点で家づくりをしています。パッシブデザインに興味のある方、快適に暮らせる家にしたい方は、お気軽にCUSTOM HOMEまでお問い合わせください。