業者徹底比較

家を購入しようと考えた際に、ハウスメーカー・建売住宅・建築家・工務店・不動産業者どの業者に依頼するべきなのか、悩まれる方は多いと思います。
自分にぴったりの相手を選ぶ為にも、判断基準や業者選びのポイントをご紹介いたします。

建築家

デメリット

ハウスメーカーや工務店では、設計料は基本的に坪単価に含まれていますが、建築家に依頼するということは、建築費とは別に設計料が掛かります。建設計や管理・監督料などを含め、コスト的な問題がデメリットとなります。
また、建築家に依頼した場合の平均工期は、建築家は、施主の希望をすべて聞きだすために何度も何度も打ち合わせを行いながら、設計図を作ることになりますのでハウスメーカーなどに比べて2倍の1年ほど掛かってしまいます。

建築家とカスタムホームの違い

ダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキスト

メリット

施主を希望を最大限叶えてくれるのは、間違いなく建築家になります。
設計やデザインの自由度が高いので、ハウスメーカーなどの規格品では実現できないような間取りでも、なんとかしてくれるのが建築家のお仕事です。
土地が狭い、土地の形が変形している場合でも柔軟に対応してくれるため、狭小住宅やデザイナーズ住宅などは、建築家の専売特許みたいになっています。

建築家とカスタムホームの違い

ダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキスト

ハウスメーカー

デメリット

大幅なコストダウンができる反面、逆に規格外の住宅は販売できません。
ハウスメーカーは、住宅を規格化・工業化することによって量を売り、コストを下げることにありますので、デザインの自由度や個性は最も低いものになります。

メリット

独自の工法や高い性能と安定性が魅力のハウスメーカー。
材料や施工の手順などをあらかじめ決めて、行政から認可を受けその範囲内で住宅を作る会社です。ハウスメーカーとの家づくりの場合、建築士や工務店との家づくりとは違い、工事請負契約を交わしてから詳細設計に入ります。
認可の範囲内で住宅を作るので、一棟一棟の住宅の許可を簡略化し、材料を大量に仕入れて前加工することができるので、大幅なコストダウンができます。

建売住宅

デメリット

あくまで完成した住宅を購入するので、自由度は期待できない。ただし、最近の建売住宅は消費者ニーズを分析して、間取りや設備、仕様なども多くの人に好まれるものを提供していることが多い。
一方、完成している場合は建築過程を見ることができないので、材料や工事方法などのチェックは難しくなります。

メリット

建売住宅では、購入価格が明示され、住宅の間取りや設備・仕様もあらかじめ決まっており、そのため仕上がりイメージもつきやすく、分かりやすいのが最大のポイント。完成していれば、実物もチェックできる。
コスト面では、同じ住宅を注文住宅で建てた場合より割安になる。また、土地と住宅を一括購入するので、1工程で短期間にマイホームを取得できるため、時間や手間をかけたくない人にはメリットになる。

工務店

デメリット

工務店は全国いたるところに存在してるので近所で依頼できるというメリットがある反面、数が多いということから、技術にばらつきがあります。
腕がいい工務店を見つけたいところですが判断するのはかなり難しく、デザイン専門の人がいない工務店ではオシャレな外観や内装などの提案はあまり望めません。

メリット

工務店には地域に密着した業者が多いのでその地方が持つ気候などを踏まえて家を建ててくれます。
また、規格化されているわけではないため、廊下の幅を10cm広げたいなど、細かい点を要望しやすいです。建材として無垢の木や自然素材を使うこともできますし設備なども自由に選ぶことができます。

不動産業者

デメリット

会社と同様に、「担当者」によっても、対応力に差がある可能性がある。
「連絡に対しての返信が遅い」「希望条件から外れた物件をすすめる」など、不安に感じることがあるなら、担当者を変更してもらうのも一つの手となります。

メリット

不動産業者の主な仕事は、土地や建物などの不動産物件の情報を入手して、売り主(貸し主)と買い主(借り主)の売買契約(賃貸契約)を媒介(仲介することです。
担当エリアや担当物件周辺の情報に精通しており、近くにどんな物件があるか、価格はどのくらいか、住むにあたって買い物はしやすいのかなど専門的なことから気軽なことまで、気軽に相談できます。