理想の家ができるまで 新着記事

建築施工事例

美しい書斎のある職住融合のお家【前編】(大阪市東住吉区)

こんにちは、CUSTOM HOMEです。
今回と次回で、前編・後編にわけて皆さまに施工事例をご紹介します。


大阪市東住吉区のKさま邸は、1階がそろばん教室、2・3階が居住スペースの職住融合の住まいです。

Kさまはもともと、不動産屋が建築会社を指定する「建築条件付き土地」をお持ちでした。

しかし、木造3階建てだと、耐震強度を確保するため壁がたくさん必要で、生徒がホワイトボードを見られない席ができてしまうなど、満足のいくレイアウトを提示してもらえませんでした。

CUSTOM HOMEにご相談いただき、私たちは、1階を鉄筋コンクリート、2・3階を木造にするご提案をしました。
袖壁が必要ないレイアウトに大変ご満足いただき、土地の条件を外したうえで、私たちに家づくりをお任せいただけることになりました。

Kさまの土地は、間口4m×25mの、いわゆる「うなぎの寝床」と呼ばれる形状の土地でした。
細長い土地ですが、できるだけ横幅を確保し、快適な空間になるよう配慮しました。

1階のそろばん教室は、コンクリートの質感を活かし、上質な雰囲気に仕上げています。

建築家の安藤忠雄も好んで使う梁のような柱を用いることで、耐震強度を確保しながら、通常の柱を減らして大空間を実現しました。
自社施工で、コンクリート打ちっ放しの施工経験も豊富なCUSTOM HOMEだからこそのご提案です。

正面の大きな収納扉は、ホワイトボードになっています。
他にも、天井のスライドレールを使って大きなそろばんを取り出せたり、フラッシュ暗算のテストができるようモニターを取り付けたり、引き出し式カウンターでテスト問題を出題できるようにしたりと、丁寧なヒアリングのもと、使い勝手のいい教室になるよう工夫しました。

また、手の影が映らないよう、天井照明には造作の間接照明をご提案しました。「本当にそんなことできるの?」とお客さまは仰っていましたが、完成したお家を見て「本当に影が映らない!」と驚いてくださいました。

階段ホールは、正面の壁に照明を埋め込んで天井を照らすことで、灯りをとっています。
また、階段横に丸い穴を空け、美しい陰影を楽しめるようにしました。さらに、階段上部には天窓を作り、3階から1階まで自然光が落ちるようにしました。

次回の後編では、2・3階の居住スペースを詳しくご紹介します。ぜひ、あわせてご覧ください。

こだわりの家づくり

【天井の魅せ方3.】インテリアの見せ場となる「折り上げ天井」

こんにちは、CUSTOM HOMEです。

天井の選び方で、空間の印象は大きく変わります。この連載では、天井の種類を紹介するとともに、CUSTOM HOMEの施工事例をまじえて、素敵な空間を演出する工夫をご紹介します。

第3回は、「折り上げ天井」についてお伝えします。

折り上げ天井とは、中央部分が周囲よりも一段高くなっている天井のことです。高低差によって天井が高く感じられる効果があります。インテリアの見せ場として、リビングに採用されるケースが多いです。


折り上げ天井と間接照明を組み合わせると、光の関係で、天井の壁紙と折り上げた部分とに色の濃淡が生まれます。
調光もできる上の折り上げ天井では、中央と周りで同じ壁紙を使用していますが、照明によってツートンカラーに見えます。

上の施工事例では、照明が当たった時に中央の部分が周りの天井と同じ色に見えるよう、あえて異なる壁紙を使いました。

通常の高さの天井部分に、さらに濃い色の壁紙を採用すれば、逆に光による濃淡差を強調することもできます。

折り上げ天井をきれいに見せるには、照明器具を隠すとともに、光をまろやかにする工夫が大切です。
掘り込んだ部分の奥行を考慮して、手前になりすぎないよう照明をつけることがポイントです。

照明の位置が手前すぎると、掘り込んだ部分の角に当たり、壁側に強い光の線が入ってしまい、美しく見えません。照明を奥に入れ、奥の壁を照らした上で、二重に反射させると、光がまろやかになり美しいグラデーションが完成します。

CUSTOM HOMEは自社施工という強みを活かし、細部にこだわって空間づくりをしています。

ダイニングにはペンダントライトを設置する方が多いですが、あえて折り上げ天井+間接照明にするのもおすすめです。
ペンダントライトを設置すると、ダイニングテーブルの位置が固定されてしまいますが、間接照明なら模様替えも自由にできます。

いろいろな方向から光が入るため影が映りにくく、料理がさらに美味しそうに見える効果も期待できますよ。

今回は、CUSTOM HOMEの折り上げ天井の施工事例をご紹介しました。世界に1つだけの理想の家を建てたい方は、お気軽にご相談ください。

前回の【天井の魅せ方2.】では、立体感を楽しめる「下がり天井」についてご紹介しています。ぜひあわせてご覧ください。

https://custom-home.jp/2021/09/post2871/

建築施工事例

外観デザイン特集!素材を最大限に活かした美しさ

こんにちは、CUSTOM HOMEです。
 

せっかく家づくりをするなら、外観にもこだわりたいですよね。お家の見た目が素敵だと、毎日の帰宅がさらに楽しみになります。
 

先月に引き続き、今回も印象的な外観の施工事例を2つご紹介します。
 

■Sさま邸
 

南国のリゾートをイメージした、平屋のお家。1階の目隠し壁は塗り壁で仕上げました。ライトアップすると、サイディングとは違う趣のある風合いを楽しめます。
 

目隠し壁は、外からの目線をカットしながらも、お家の中の灯りが外へとこぼれる絶妙な高さを計算して設置しました。このように、室内の灯りを外観のアクセントとしても用いるアイデアは、CUSTOM HOMEの得意な手法です。
 

向かって左側の木は、シンボルツリーです。旧家にとって、大きく育った木は、何年この地に住んだかを表す象徴ともいうべき存在です。「立派に育った木を大切に残したい」というお客さまの想いを叶えるため、木を活かしながら外観とも調和するよう工夫しました。
 

帰宅時には、あえて通路を通って玄関まで向かえるよう石の小道を作りました。安全性も考慮し、足元は間接照明で照らしています。
 

■Hさま邸
 

異素材MIXを楽しめる外観デザイン。
 

手前に2台分の駐車場があるほか、駐車場奥のシャッターを開ければ中庭とつながり、そこにもう1台車を停められます。
 

白い部分は吹き付け塗装の塗り壁で、横に広がる2階部分はガルバリウム鋼板です。ご主人のご希望で、近代的なイメージになるよう異素材をMIXしたデザインにしました。
 

夜には暖色系の照明が、壁と植栽を幻想的に照らし出します。ガレージも奥から優しく照らし、奥行きが感じられるようにしました。
 

CUSTOM HOMEでは、灯りや素材に徹底的にこだわり、美しく印象的な外観を実現します。「外観にもこだわって家づくりをしたい」という方は、お気軽に私たちにご相談ください。建築プロデューサーが、親身にお客さまのご要望をうかがいます。

こだわりの家づくり

【家づくりの思い込み】高気密・高断熱の家なら快適?

こんにちは、CUSTOM HOMEです。
  

前回の「【家づくりの思い込み】整形地・南向きがいいって本当?」

https://custom-home.jp/2021/08/post2842/

では、土地選びの思い込みに対してCUSTOM HOMEの建築プロデューサーが回答しました。
  

今回は、「高気密・高断熱の家なら快適なのか?」というテーマでお話します。高気密・高断熱の家は、「外気の影響を受けにくく快適」と言われていますが、はたして本当なのでしょうか?
  

高気密・高断熱であれば快適に過ごせるかというと、そうとは限りません。
  

高気密・高断熱の家は、例えるなら「魔法瓶」のような状態。冬場は、窓からの日光で室内の空気があたためられるので、暖房費を節約できるというメリットがあります。
  

一方、高気密・高断熱の家は熱が逃げないので、夏場は窓からの日光が入り、お部屋全体が暑くなってしまうというデメリットも。冷房効率が悪くなり、光熱費も上がってしまいます。
  

このようなデメリットを防ぐためにも、高気密・高断熱の家を建てる時は、「パッシブデザイン」を考慮することが大切です。パッシブデザインとは、光や風などの自然エネルギーを上手く利用する、お金のかからないデザイン手法のことです。
  

工夫次第で、冬場はたくさんの日光を採り込み、夏場はなるべく日射を遮蔽することも可能です。また、窓の配置や種類によって、換気のスピードや効率を大きく上げることも可能です。
  

CUSTOM HOMEでは、「高性能」に頼り過ぎることなく、パッシブデザインも取り入れて本当に快適な家づくりをしています。過ごしやすさにこだわって家を建てたい方は、ぜひご相談ください。