理想の家ができるまで 新着記事

家づくり情報

家づくりの最新トレンドをご紹介

こんにちは、CUSTOM HOMEです。
  

今回は、最近の住まいのトレンドをご紹介していきます。
  

以前は白やモノトーン(白と黒の2色)の外観が主流でしたが、最近では黒の外観を選ぶ方が増えてきました。黒の外観にすると、スタイリッシュでシックな印象になります。
  

こちらの施工事例では、黒い外観が山のシルエットに溶け込み、窓からこぼれる灯りが幻想的に浮かび上がるよう工夫しました。
  

家族の衣類をまとめてしまえるファミクロ(ファミリークローゼット)も人気です。各部屋に衣類をしまう必要がないので、家事の時短になります。広さは4帖が目安で、少なくとも3帖は必要です。
  

バルコニーを作らないというのも、最近のトレンドの1つです。外に洗濯物を干すよりも、サンルーム(室内干しスペース)や乾燥機で乾かして、ファミクロにしまう方が、洗濯動線も短くなります。
  

バルコニーなどの屋外スペースは、防水処理をする必要があり、屋内よりも建築コストが高くなります。それなら、バルコニーを作らずにガス乾燥機を入れた方が、コスト削減にもなります。
  

内装は、落ち着いたグレージュ系が流行っています。キッチンも、以前は白が主流でしたが、最近では黒やグレーを選ぶ方が増えてきました。
  

コロナ禍で需要が高まっているテレワークスペースやスタディコーナーは、6割ほどの方が作っている印象です。LDKの一部にカウンターデスクを設ける形が多くなっています。
  

CUSTOM HOMEでは、トレンドの変化も踏まえながら、お客さまの理想を叶える家づくりをしています。注文住宅をご検討の方は、お気軽にご相談ください。

家づくり情報

色や質感を楽しめる壁紙で、空間をもっと素敵に

こんにちは、CUSTOM HOMEです。
  

「後悔しない壁紙選びのポイントとは?」

http://custom-home.jp/2021/08/post2828/

では、ベースカラーの考え方や、壁紙選びの基本的なポイントについてご紹介しました。
  

今回は、施工事例の写真をまじえながら、質感や色味がユニークな壁紙についてお話します。
  

LDKなどの面積が大きい壁紙選びでは、「家具との相性は良いか」「流行に左右されないか」といった点を考慮する必要があります。一方、トイレやクローゼットなどコンパクトな空間なら、遊び心のある壁紙を取り入れてみるのも楽しくておすすめです。
  

多彩なカラーの壁紙だけでなく、ストーンやコンクリートのような質感を楽しめる壁紙もあります。土間収納にコンクリート調の壁紙を採用すれば、一気にスタイリッシュな印象に。
  

ウォークインクローゼットには、思い切ってお好きな色やビビッドな色を使うのも楽しいですね。最近は、柄が入った壁紙よりも、単色のものや質感があるものが人気です。
  

子ども部屋には、やさしいパステルカラーがおすすめです。かわいらしいデザインや蓄光の星柄は、小さなお子さまには人気ですが、大きくなるにつれて嫌がられてしまう場合も。ブルーやグリーンなどの単色なら、大きくなったお子さまも喜んでお部屋を使ってくれます。
  

CUSTOM HOMEでは、お客さまの理想を丁寧にヒアリングした上で、壁紙選びについてもアドバイスをしています。こだわりの家を建てたい方は、私たちにご相談ください。

施工例

考え抜かれた生活動線で、暮らしにゆとりを生むお家【後編】

こんにちは、CUSTOM HOMEです。
今回は前回に引き続き、皆さまに施工事例をご紹介します。

7年前に建てた注文住宅が住みにくく、後悔されていた枚方市のSさま。
ご自宅を売却して、CUSTOM HOMEで新しいお家を建てることとなりました。
ご自宅の売却から後悔ポイントを踏まえての家づくりまでをワンストップでサポートさせていただきました。

共働きで多忙なご家族の生活スタイルをヒアリングし、1階に寝室、2階にLDK・バルコニー・洗面所・バスルームという間取りをご提案。
朝起きて2階に行けば、あとは同じフロアで家事や生活が完結します。

キッチンから洗面所まではわずか10歩の距離なので、忙しい朝の時間に、朝食・お弁当づくりと洗濯を同時並行で進められます。

脱衣所には、洗濯機・リンナイのガス乾燥機「乾太くん」・リネン収納のスペースを確保。
ガス乾燥機を使えば、乾燥の時間を短縮でき、洗濯物を干す・取り込むの手間もなくなります。
起きてから会社へ行くまでの1時間ほどで、乾燥から収納まで完了します。

朝のうちに主要な家事を終えることができれば、帰宅後はゆっくり家族の時間を持てます。

また、奥さまは将来エステティックサロンを開きたいという夢をお持ちでした。
1階にサロンを併設した場合も、LDKが2階にあれば、仕事場と住空間を分けプライバシーを保つことができます。

バルコニーはリビングとつなげることで、アウトドアリビングとしても活用できるようにしました。
6帖の広さがあるので、テーブルやチェアを置いてもゆったりと使えます。

LDKには、空間に開放感を生み出す勾配天井を採用。
窓に面した明るい位置には、スタディコーナーも設けました。

CUSTOM HOMEでは、お客さまの生活スタイルを丁寧にヒアリングし、快適に暮らせる住まいをご提案しています。
後悔のない家づくりをしたい方は、お気軽にご相談ください。

施工例

考え抜かれた生活動線で、暮らしにゆとりを生むお家【前編】

こんにちは、CUSTOM HOMEです。
今回と次回で、前編・後編にわけて皆さまに施工事例をご紹介します。

枚方市のSさまは7年前に注文住宅を建てましたが、実際に生活してみると住みにくく、悩んだ末に家づくりのやり直しを決心されたそうです。

新しく家づくりをやり直すにあたって、自宅の売却・土地探し・家づくりをワンストップで依頼できるCUSTOM HOMEをお選びいただきました。

まずは、ご自宅を売却したあとの残債も考慮しながら、無理のない資金計画を立てるところからサポートさせていただきました。

土地探しをする中で候補にあがった土地は、掘り込みガレージがあるものの、お持ちの車に対し天井高が低く、Sさまは購入をあきらめていました。

しかし、実際に現地に赴いて再調査したところ、土を取り除いて駐車スペースを確保することが可能だとわかりました。既存のガレージは、駐輪場兼倉庫として活用することをご提案しました。

以前のお家は1階LDKで、2階にバルコニー・洗面所・バスルームがあるという間取りでした。
洗濯後ベランダに干すまでの洗濯動線を考えての間取りでしたが、LDKと洗面所を行き来することの方が多く、1日に何度も階段を上り下りしなければなりませんでした。

生活スタイルを丁寧にヒアリングした結果、今回のお家では、1階に寝室、2階にLDK・ベランダ・洗面所・バスルームという間取りをご提案しました。

朝起きて一度2階に上がれば、同じフロアで生活が完結するので、1階と2階を行き来する必要がありません。
朝食やお弁当の準備をしながら、洗濯や乾燥も同時並行で進められます。

間取りを決める時は、家事ごとに動線を切り離さず、生活全体の動線を考えることが大切です。

次回の後編では、家事のしやすさを考えた洗面所・脱衣所、アウトドアリビングとしても活躍するバルコニーなどをご紹介します。
ぜひ、あわせてご覧ください。