理想の家ができるまで 新着記事

こだわりの家づくり

リネン室の広さの目安は?家事楽を叶える洗面所|大阪府の注文住宅

こんにちは、CUSTOM HOMEです。
  

賃貸住宅で暮らしていると、洗面所といえば「洗面台と洗濯機置き場がある」とイメージされる方が多いでしょう。しかし、ここにリネン収納をプラスすることで、暮らしがぐっと快適になります。
  

■リネン室とは?広さの目安は?
  

リネン室とは、肌着や部屋着、タオル類などをしまえるリネン収納のある部屋のことです。注文住宅では、洗濯機や乾燥機も一緒に置くケースが多いです。
  

■リネン室はなぜ必要なの?広さの目安は?
  

賃貸住宅の平均的な洗面所の広さは、2帖弱。これだけのスペースしかないと、洗面台と洗濯機だけでいっぱいになってしまいます。
  

お風呂に入る時は、銭湯のように、クローゼットから着替えを持って行かなければなりません。来客時など、入浴のタイミングにも気を遣うことも多いでしょう。
  

このような悩みを解決するため、CUSTOM HOMEでは、洗面所に1帖プラスして、リネン室を設けるご提案をしています。
  

■リネン室のメリット①生活動線が改善する
  

リネン室の一方に洗濯機と乾燥機を置き、反対側にリネン収納を設けます。リネン収納は、可動式の棚板を造作してつくります。そして、ニトリや無印良品のカゴを、可動棚に並べます。
  

1段目はお父さん、2段目はお母さん…といった風に、場所を決めると便利です。リネン収納には、肌着、靴下、部屋着、ハンカチ、タオル等をしまっておきます。
  

そうすれば、お風呂に入る時は、手ぶらで洗面所に向かうだけでよくなります。また、お風呂から上がったら、そのままリネン室から肌着や部屋着をとり、着替えて出ていくことができます。
  

リネン室によって、生活動線が劇的に改善するのです。
  

■リネン室のメリット②家事の負担が減る
  

家事の中でも、洗濯は負担の大きい家事です。濡れて重くなった洗濯物を運んで干して、乾いた洗濯物をたたんで各部屋を回って収納して…と、大変な労力がかかります。
  

しかし、リネン室に洗濯機と乾燥機を設置しておけば、洗濯後はそのまま洗濯機の上の乾燥機に洗濯物を入れられます。最近人気のガス乾燥機なら、1時間ほどで洗濯物はすべて乾きます。
  

洗濯物が乾いたら、そのまま洗濯機の上でたたんで、振り返ってリネン収納にしまえます。リネン室によって、家事動線が短くなり、洗濯の負担が大きく軽減するのです。
  

■リネン室のメリット③洗面所の生活感を隠せる
  

リネン室を設けると、洗面所は洗面台だけのスッキリした空間になります。洗面ボウルの横に、メイクスペースを確保することも可能です。椅子を置いておけば、お風呂上りに座って髪の毛を乾かせます。
  

また、洗面所とリネン室の間に扉を設けておくのもおすすめです。withコロナ時代、来客時に洗面所で手洗いを促す機会も多いでしょう。そんな時、扉を閉めれば、生活感を隠せます。
  

■注文住宅を建てるならリネン室を作ろう
  

注文住宅では、間取りもデザインも自由に決められます。CUSTOM HOMEでは、経験豊富な建築プロデューサーと建築家がタッグを組んで、お客さまの夢を叶える家づくりをしています。
  

デザインはもちろん、暮らしやすさにも徹底的にこだわって注文住宅を建てたい方は、ぜひCUSTOM HOMEにご相談ください。
  

注文住宅ならではの洗面所づくりの工夫については、下記の記事もぜひご覧ください。
本当に使いやすい洗面所にする3つの工夫
    

https://custom-home.jp/2020/10/post2147/

こだわりの家づくり

アウトドア好き必見!注文住宅ならではのバルコニー活用法

こんにちは、CUSTOM HOMEです。
  

マンションのバルコニーやベランダは、90センチほどのコンパクトなサイズで作られていることがほとんどです。それだと、洗濯物を干すぐらいしか活用法がありません。
  

注文住宅を建てるなら、思い切ってちょっと広めのバルコニーやベランダにしてみてはいかがでしょうか。
  

お部屋ぐらいのサイズにすれば、バルコニーやベランダはアウトドアリビング・アウトドアダイニングに変身します。
  

CUSTOM HOMEの印象的なバルコニーの事例を3つ紹介し、アウトドアを楽しめるバルコニーにするポイントを解説します。
  

■天窓のあるバルコニー(Hさま邸・京都府八幡市)
  

こちらの印象的なバルコニーの天井には、サイプレスというオーストラリアのヒノキを使用しました。木をふんだんに使用したバルコニーでは、大自然に包まれているかのような豊かな時間を過ごせます。
  

バルコニー上空の天窓から、たっぷり光が射し込みます。バルコニーの天井には、円蓋の美しいローマの神殿パンテオンをイメージして、勾配をつけています。
  

ベランダにテントを張ってベランピングを楽しむ時も、開放感たっぷり。天窓に切り取られた、絵画のような星空を眺められます。
  

バルコニーの右手側は格子になっており、格子の向こうには、同じ敷地内のご主人のご実家があります。格子にすることで、視線をさえぎりつつ、光や風を採りこむことができます。
  

2階LDKから眺めたバルコニー。バルコニーがあることで、内と外の空間につながりが生まれ、LDKが広々として見える効果もあります。
  

キッチンからバルコニーへもアクセスしやすいため、休日は気軽にBBQを楽しめます。
  

LDK併設の畳コーナーからも、バルコニーを眺められます。造作カウンターテーブルを作り、畳コーナーを小上がりにすることで、掘りごたつ風のデスクスペースが完成。外の空気を感じながら作業すると、勉強や仕事もはかどるでしょう。
  

バルコニーは外観のアクセントとしての役割も果たしています。ブラックのボックス型の近代的な外観に、木のぬくもりをプラス。シンプルながら立体感があり、印象的な外観になりました。
  

お庭から眺めた時も、天窓から上空が見えます。
  

■お風呂上りに夕涼みができるベランダ(Oさま邸・大阪府大阪市西成区)
  

2階LDKに隣接する8帖のベランダ。広々とした空間で、自宅でもアウトドアを楽しみ放題です。目隠し壁があるため、周りの視線も気になりません。
  

実はこちらのベランダには秘密があります。
  

洗面脱衣室から、格子戸を通ると、直接ベランダにアクセスできるのです!
  

ベランダから見て、奥の格子戸の向こうが洗面脱衣室です。右手には造作ベンチを作り、間接照明を仕込みました。
  

ご主人の「お風呂上りに、ビールを飲みながらベランダで夕涼みがしたい」という希望をカタチにしました。
  

LDKの一面が全面ガラス扉で、ベランダも一体の空間として使えます。ベランダにアウトドアファニチャーを置けば、非日常空間を満喫できます。
  

■畳コーナーとつながるバルコニー(Uさま邸・京都府京都市右京区)
  

LDKと畳コーナーに隣接したバルコニー。畳みコーナーを小上がりにし、畳コーナーとバルコニーの間に掃き出し窓を設けることで、畳コーナーをベンチ代わりにできるよう設計しました。
  

畳コーナーから見たバルコニー。掃き出し窓を開け放つと、開放感たっぷり。ルーバーがあるため、外からの視線も気になりません。
  

キッチンから近いので、アウトドアリビング・アウトドアダイニングとして活用できます。友人を招いて、バルコニーでホームパーティを楽しむのも素敵。
  

バルコニーから眺めたLDKと畳コーナー。LDKのアクセントである、天の川をイメージしたヴェネツィアのムラーノガラスのタイルを鑑賞できます。
  

■アウトドアを楽しむバルコニー・ベランダの広さの目安は?
  

3.5帖ぐらいの広さがあれば、小さなアウトドア家具を置いて過ごすには十分です。
  

友人を招いて優雅にティータイムを楽しんだり、休日に家族でランチをしたり、夜にお子さまと星空観察をしたり。少し広めに作るだけで、バルコニーやベランダが新しいライフスタイルを生み出す空間に様変わりします。
  

Oさま邸のように8帖の広さを確保すれば、大人数でのアウトドアガーデンパーティも可能です。また、ベランピングをしたり、プール遊びをしたり、リゾート風のガーデンファニチャーを置いたりできます。
  

■使いやすいバルコニー・ベランダにするコツは?
  

せっかくバルコニーやベランダを作っても、通りや隣家からの視線が気になって、活用できなかったという話を聞くことがあります。それは設計段階のミスとしか言いようがありません。
  

CUSTOM HOMEでは、バルコニーやベランダを作る時、通りや隣家からの目線を徹底的に計算します。
  

隣家の床レベルを想定し、壁をどのぐらいの高さにすれば隣家の窓から見えなくなるか、建築家が丁寧にチェックします。
  

そのうえで、開放感はありつつ、視線をカットできる絶妙なラインで壁やルーバーを設置します。また、庭木を活用して視線対策をすることもあります。
  

バルコニーやベランダをアウトドアリビング・アウトドアダイニングとして活用するなら、視線対策をしっかり意識してください。
  

■ライフスタイルの幅を広げるCUSTOM HOMEの注文住宅
  

家づくりの面白さは、間取りや機能の工夫によって、生活のコンテンツを増やせることです。バルコニーやベランダなど開放的なアウトドア空間で過ごす時間は、お子さまの感性にもきっといい影響を与えてくれるでしょう。
  

人生の長い時間を過ごす家は、ライフスタイルに大きく影響します。CUSTOM HOMEでは、生活の幅を広げる家づくりのご提案を大切にしています。
  

暮らしを豊かにする注文住宅を建てたいなら、CUSTOM HOMEにご相談ください。
経験豊富なプロデューサーが、理想の家を建てるお手伝いをします。
  

アウトドアな暮らしを楽しみたい方は、ぜひ下記の施工事例もご覧ください。
  

BBQ専用グリルと露天のジェットバス――故郷のスタイルを尊重したお家
  

https://custom-home.jp/2019/12/post1407/

建築施工事例

外観デザイン特集!窓のない黒い外観が圧倒的存在感を放つコットンハウス

こんにちは、CUSTOM HOMEです。

せっかく家づくりをするなら、外観にもこだわりたいですよね。お家の見た目が素敵だと、毎日の帰宅がさらに楽しみになります。

先月に引き続き、今回も印象的な外観の施工事例をご紹介します。

ご夫婦でカジュアルウェアのネットショップを経営されているHさま邸。コットンの実をイメージして、内装は白、外観は黒にして、コントラストを楽しめるお家にしました。

独特の風合いが美しい外壁は、すべて塗装仕上げです。

壁が広いため、全体を塗ってからだと、乾いてしまって美しい模様がつきません。そこで、建築プロデューサーが直接指示しながら、吹き付け職人3人、左官職人2人、材料を練って撒く担当2人で、同時並行で作業を進めることに。1時間で1面を一気に仕上げる、という工程を繰り返しました。

熟練の技によって、継ぎ目のない美しい外壁に仕上がっています。

門扉は、スライド式のアルミの格子戸です。力のない女性や子どもでも無理なくスムーズに開けられるよう、ウレタン製の強い部材を探して採用しました。飛行機の格納庫の扉でも開く、頑丈な部材です。

玄関はあえて暗くして、天窓から細い光だけが差し込むようにしました。

リビングに入ると突然約60帖の大空間が現れ、玄関とのギャップを楽しめます。

「直射日光が苦手」という奥さまのご要望を叶えるため、春夏秋冬の太陽光の角度を綿密に計算し、壁にあたった反射光で家全体が明るくなるよう、計算して天窓を設置しました。

CUSTOM HOMEでは、内観とのバランスにもこだわり、美しく印象的な外観を実現します。
「外観にもこだわって家づくりをしたい」という方は、お気軽に私たちにご相談ください。建築プロデューサーが、親身にお客さまのご要望をうかがいます。

家づくり情報

【土地選びの視点】一度はあきらめた土地に予想外のプランニング

こんにちは、CUSTOM HOMEです。

CUSTOM HOMEでは、これまで多くのお客さまの土地選びをサポートしてきました。
今回はその一例として、枚方市Sさま邸の土地選びについてお話します。

Sさまはネット検索で気に入った土地を見つけたものの、既存の掘り込みガレージの天井高が低く、お持ちの車が入らないことから、購入をあきらめていました。道路からの高低差も2mあるため、「ガレージが使えなかったら車を停める場所がない」と考えたのです。

CUSTOM HOMEの建築プロデューサーはこの土地に可能性を感じたことから、現地や役所に赴き、調査を重ねました。

その結果、隣家の掘り込みガレージが擁壁(ようへき)の役目を果たすため、土を取り除いてもサイドの崖崩れが起こらないことが判明。
土を取り除いて新たに駐車スペースを確保できる可能性が見えてきました。

「安息角」と呼ばれる自然な角度で土手を作れば、土が崩れ落ちる心配はありません。
駐車スペースと土手を作っても、残った土地で理想の家を建てられるかも課題でした。この点も十分に確認と検証を行い、問題がないとわかった上で、工事費を含めた詳細な資金計画を立て、お客さまにご提案しました。

お客さまは驚きながらも喜んでくださり、無事に家づくりがスタートしました。

こちらが、完成したSさま邸です。
広々とした駐車スペースのある、美しい外観に生まれ変わりました。既存のガレージは、自転車やバイク、アウトドア用品をしまう倉庫として活用しています。自転車が雨ざらしになる心配もありません。

階段を上がると、アプローチへと繋がります。お庭の広さもしっかり確保できています。

CUSTOM HOMEでは、専門家ならではの観点でお客さまの土地選びをサポートさせていただきます。新居を建てる土地についてお悩みの方は、お気軽にご相談ください。