こだわりの家づくり

こだわりの家づくり

家づくりで花粉症・感染症・アレルギー対策を!家族の健康を守る家とは?

こんにちは、CUSTOM HOMEです。

 

暖かく過ごしやすい季節になってきましたが、花粉症に悩まされている方も多いのではないでしょうか。また、新型コロナウイルスの感染対策についても、予断を許さない状況です。

 

今回は、家族の健康を守るためにできる家づくりの工夫をご紹介します。

 

■家づくりでできる3つの花粉症・感染症・アレルギー対策

 

まず、花粉症・感染症・アレルギー対策としてできる3つの工夫をご紹介します。

 

●エントランスクローゼット

 

玄関を入ってすぐ、シューズクロークを兼ねたエントランスクローゼットがあると、帰宅後アウターをすぐに収納できて便利です。アウターについた花粉やウイルスを、LDKなどの居住空間に持ち込むリスクも減らせます。

 

●ランドリールームorガス乾燥機

 

ランドリールームがあれば、室内干しができるため、花粉の時期も安心です。ランドリールームの広さの目安は、3~4帖程度です。

 

しかし、室内干しのためだけに3~4帖の広さを確保するのが難しいケースもあります。そんな時は、人気のガス乾燥機「幹太くん」の活用を検討しましょう。

 

ガス乾燥機なら、導入費用もランドリールームの半額程度ですみ、洗濯にまつわる家事の負担も大きく軽減します。

 

●天然素材

 

アレルゲンは花粉だけではありません。化学物質にアレルギーがあるなら、化学物質を含まない天然素材の家づくりを検討してみてください。

 

無垢フローリングや、漆喰・珪藻土などの塗り壁を採用すると、つらいアレルギー症状が軽減する可能性があります。

 

■「体温を下げない家」が免疫力を高める

 

最近では、数多くの花粉症対策グッズ、感染対策グッズが販売されています。しかし、根本的な解決策として、「免疫力を高める」ことにも目を向けなければなりません。

 

免疫力を高める上で重要なのが、「体温を下げない工夫」です。実際に、体温を高めに維持することで、基礎疾患が改善された研究は数多く存在します。

 

続いては、体温を下げないために、家づくりで考慮したいポイントを3つご紹介します。

 

●床暖房

 

CUSTOM HOMEでは、リビング・ダイニング・洗面脱衣室に床暖房をつけることをご提案しています。床暖房があることで、ヒートショックによる危険な事故の防止にもつながります。

 

●空気の動線設計

 

間取りを考える時は、家事動線や生活動線だけでなく、空気の動線も設計することが大切です。空気の流れを考慮した間取りにすれば、暖房器具で暖められた空気が、効率よく家全体を駆け巡ります。そうすれば、温度差を限りなく小さくできます。

 

●日射の取得

 

冬場は昼間に日射を取得し、熱を外に逃がさないことで、冷暖房効率をアップさせられます。窓には、電気ストーブ一台分ほどの効果があるといわれています。

 

日射の取得で重要なのは、窓の大きさと位置、方角です。たとえば、東側に大きな窓をつけ、ガラス越しに日射を取得できるようにすれば、日の出から起床までの間に、太陽光が部屋の中を暖めてくれます。

 

■健康を考えた住まいづくりを

 

家は家族が長い時間を過ごす場所です。だからこそ、家族の健康を守る工夫を取り入れてみてください。

 

CUSTOM HOMEでは、ご家族の健康を守る家づくりの工夫をご提案しています。健康にこだわって家づくりをしたい方は、ぜひ私たちにご相談ください。