こだわりの家づくり

こだわりの家づくり

北向きの部屋の意外な使い方!北向きの土地がおすすめな理由も解説

こんにちは、カスタムホームCUSTOM HOMEです。

 

家づくりで、北向きにどの部屋を配置すればいいか悩む方は少なくありません。また、土地探しで、北向きの土地を避ける方もいます。しかし、北向きの部屋や土地には、意外なメリットがあります。

 

北向きの部屋の意外な使い方

 

光が入らず、使い勝手が悪いイメージのある北向きのお部屋。「どのお部屋を配置しても、どんよりと暗くなってしまいそう」と、間取りに悩む方もいらっしゃるかと思います。

 

しかし、北向きのお部屋には、直射日光が入らないため眩しさがなく、室内が暑くなりにくいというメリットもあります。

 

今回は、そんな北向きのお部屋の、おすすめの使い方をご紹介します。

 

 

 

最も明るい南向きのお部屋をメインのLDKにするなら、反対側の北向きには、階段を配置すると良いでしょう。2階まで吹き抜けにして、高い位置に大きな窓を設けることで、自然光を1階まで導けます。

  
工夫次第では、北向きでも明るい空間にすることは可能なのです。

 

 

あえて部屋の暗さを活かし、北側に窓と庭を配置するのも面白いアイデアです。

  
アート作品を飾る時には、暗いマット紙の中央に写真や絵を入れると、鮮明で印象的になります。同様に、暗い部屋の中から、窓で切り抜いた明るい庭が見えるようにすると、景色がひときわ美しく見えます。

  
お寺や歴史ある日本の家屋では、北側に庭と客間を置いていることもめずらしくありません。

 

北向きの土地が南向きよりおすすめな理由

 

家づくりで土地探しをする際に、賃貸物件と同じ感覚で「南向き」を希望される方がいます。しかし、実は南向きの土地のほうが、部屋の配置が難しくなりがちです。

 

南側が道路に面した土地で、南をリビングにしようとすると、玄関とリビングをどちらも南側に配置する必要があります。その結果、広いリビングをあきらめざるを得なくなることも。

 

また、せっかくリビングに大きな窓をつけても、通りからの視線が気になってカーテンを閉めっぱなしにしているという話もよく聞きます。

 

逆に北向きの土地なら、北側に玄関や収納、水廻りを配置し、南側に広々としたリビングを作れます。通りからの視線も気にしなくていいため、大開口の開放的なリビングにすることも可能です。

 

土地探しでは、実は北向きの土地のほうがメリットが多いことを押さえておきましょう。

 

 

CUSTOM HOMEでは、お客さまのご希望をヒアリングしたうえで、土地の特性も踏まえて最適な間取りをご提案しています。家づくりをご検討中の方は、お気軽にご相談ください。

 

▽土地探しについてはこちらの記事もご覧ください。
不動産会社でも建築会社でもない…土地探しの本当のプロとは?

 

CUSTOM HOMEが土地探しに強い理由