未分類

未分類

「高性能な断熱材なら安心」と思うのは危険!断熱性能の考え方

こんにちは、CUSTOM HOMEです。

家づくりで断熱性能にこだわりたいという方は多いでしょう。
注意したいのが、「高性能な断熱材を使えば安心」というわけではないことです。

たとえば、家の外から内へと金具が貫通している場合、熱伝導率の高い金具を通じて暖気・寒気が室内に入り込んできます。高性能な断熱材を用いたとしても、すき間があれば性能を発揮できません。

CUSTOM HOMEでは、壁内気流が発生する可能性がある箇所にも、ウレタンフォームを吹き付けています。
ウレタンフォームとはスポンジ状の断熱材で、すき間をふさいでくれる効果があります。

断熱施工は、製品の性能だけではなく、施工方法を綿密に計画して、施工しなければ十分な性能を発揮することができないものです。

決して断熱材任せにせず、建築プロデューサーが細部までチェックして、高気密・高断熱のお家になるよう工夫します。

また、家を建てる土地の環境に合わせたアドバイスも行っています。
たとえば、山が近くにあるエリアだと、昼と夜の寒暖差が激しくなり、湿気が多くなりがちです。そのため、結露対策としてセルローズファイバーを使うことをご提案したりします。

断熱性能は、必要十分であることが大切です。
過剰な性能は家づくりのコストを上げてしまいますし、性能が不足していると快適な暮らしが実現しません。

CUSTOM HOMEでは、土地に合った適正なコストの性能をご提案しています。