未分類

未分類

注文住宅はどこに依頼する?メリット・デメリットを比較【前編】

こんにちは、CUSTOM HOMEです。

注文住宅を建てたいと思った時、どんな選択肢があるでしょうか。
一般的には、次の4つの選択肢があります。

①ハウスメーカー
②分譲住宅
③工務店
④設計事務所+工務店

それぞれの選択肢について、前編/中編/後編の3回に分けてわかりやすく解説していきます。
今日はまず、①ハウスメーカーと②分譲住宅のメリット・デメリットを紹介します。

ちなみに、CUSTOM HOMEの家づくりは、4つの選択肢のどれにも当てはまりません。CUSTOM HOMEの特徴については、後編で説明いたします。

①ハウスメーカー
メリットは、大量供給ゆえに品質に安定感があること、工程が短縮されていることです。また、仕様がある程度決まっているためわかりやすく、悩むことなく家づくりを進めていけます。

デメリットは、デザインや間取りの自由度が低いことです。せっかく注文住宅を建てたのに、他の家と大差のない仕上がりでは、満足のいく暮らしができないかもしれません。また、坪単価が約60万/坪からと、費用がかかることもデメリットです。

②分譲住宅
メリットは、既に実物があるため、イメージがわきやすい点です。また、土地探しをする必要がないことから、すぐにでも一戸建てに住みたいと考えている人に適しています。さらに、分譲住宅の坪単価は約40万/坪からと、低価格なのも魅力です。

デメリットは、自由度が低く、希望する暮らしを実現できない場合があることです。また、設計スキルが高くないことから、暮らし始めてみると収納が足りなくて困ったといったことも起こりえます。

低価格というメリットと表裏一体の部分ですが、家は一生ものの買い物なので、購入前によく検討しましょう。

次回は③工務店と④設計事務所+工務店のメリット・デメリットを解説します。

どの選択肢を選ぶかによって、完成する家もその後の暮らしも大きく変わります。

どれが優れているかではなく、どれが自分に合っているかという視点で、悔いのない選択をすることが大切です。