未分類

未分類

耐震の基礎知識|安心安全な家を建てるには?

こんにちは、CUSTOM HOMEです。
 

長く暮らすマイホームだからこそ、耐震にはこだわりたいですよね。
 

今回は、安心して過ごすために知っておきたい工法の基礎知識をご紹介します。
 

地震対策には、耐震工法・制震工法・免震工法という3つの工法があります。まず、その違いや特徴を解説していきます。
 

1.耐震工法
建物全体を固定し、衝撃に耐える工法です。耐力壁を増やしたり、接合部を固めたりといった方法で、建物の骨組みにアプローチします。ただし、揺れの軽減率は0%です。
 

2.制震工法
建物の一部に可動部分を設け、揺れを吸収する工法です。土台と梁の中間に設置した振動の吸収装置により、建物の揺れを軽減します。揺れの軽減率は20~50%です。
 

3.免震工法
建物の基礎と土台の間を可動体とし、揺れを吸収する工法です。基礎部分に免震装置を入れ、建物と地盤を切り離し、大地震の振動を建物に伝えにくくします。揺れの軽減率は85~90%です。
 

3つの工法のうち、最も効果的なのは免震工法です。揺れの軽減率が高いことはもちろんのこと、家具の転倒といった二次災害を防げるというのもポイントです。
 

一方で、免震工法は導入コストが高くなりがちです。また、軟弱地盤では、そもそも使用できない可能性も。
 

メリット・デメリットを踏まえ、自分たちに合った工法を選ぶことが大切です。
 

CUSTOM HOMEでは、建設プロデューサーがお客さまの土地選びから建設まで、手厚くサポートします。耐震についても豊富な実績をもとにお話をお伺いいたしますので、安心安全な家を建てたい方は一度私たちにご相談ください。

未分類

【建築家が教える】照明を空間演出に活かす方法

こんにちは、CUSTOM HOMEです。
 

照明はお部屋の印象を大きく左右します。インテリアにこだわりがあるなら、照明の配置を工夫しましょう。
 

天井に埋め込むダウンライトは、お部屋全体が光るよう、まんべんなく配置されることがほとんどです。しかしそうすると、壁にくっきりと影ができてしまい、落ち着かない部屋になることも。
 

壁に影を出したくない時は、真ん中にダウンライトを集中させる「集中配灯」にしましょう。そうすれば、お部屋全体が上から下にかけてまろやかなグラデーションになり、やわらかな雰囲気を演出できます。
 

一方、あえて影を作ってニュアンスを楽しみたい時は、壁の近くにダウンライトをつけましょう。
 

廊下などで、真ん中にダウンライトが配置されていることがあります。しかし、殺風景な廊下だと、それでは面白味がなく感じられることも。
 

壁の片側に寄せるようにダウンライトを配置すれば、壁に光の輪ができ、間接照明のような明るさになります。
 

ホテルの廊下などで、全体的には薄暗いけれど、絵画に照明が当てられているのをよく見かけます。こういった工夫は、家づくりでも取り入れることができます。
 

光も影も、工夫次第でインテリアの一部になります。CUSTOM HOMEでは、照明計画から丁寧にアドバイスさせていただくので、家づくりをご検討中の方はぜひご相談ください。

未分類

【住まいとお金⑧】家づくりでお金を払うタイミングを解説

こんにちは、CUSTOM HOMEです。
 

前回の「住まいとお金⑦」では、融資機関の種類について解説しました。今回は、お支払いのタイミングについてです。
 

家づくりをするうえで、「支払いの時期がわからない」と疑問をお持ちの方は多いのではないでしょうか。実際にお金がかかるタイミングを知り、計画的に家づくりをしましょう。
 

一般的な請負の支払い方法は、下記の通りです。
 

契約時 お支払い代金全体の10%
着工時 お支払い代金全体の30%
上棟時 お支払い代金全体の30%
最終金 お支払い代金全体の30%
 

これらは一般的な目安であり、お客さまの資金状況によっては、臨機応変な対応をさせていただくこともあります。
 

なお、「お金を貯めてから家を買おう」と考える方がいますが、必ずしもそれがベストな選択とはいえません。
 

今は低金利時代であり、1%を切る利息で融資を受けられます。住宅ローン減税はローン残高の1%なので、頭金を少なくして住宅ローンをフル活用した方が、かえってお得になります。
 

そのため、お手元のお金は最低でも10年間は持っておくことをすすめます。
 

「借りている金額が少ないから安心」というわけではありません。どういう風に使うとお金が生きるのか、理解した上で運用していくことが大事です。
 

CUSTOM HOMEでは、お客さまの資金計画に寄り添い、アドバイスさせていただきます。マネープランについて不安がある方はお気軽にご相談ください。

未分類

【建築家と作るテレワークスペース②】生産性を上げるポイント

こんにちは、CUSTOM HOMEです。
 

新型コロナウイルスの影響で、多くの企業がテレワークを導入しました。また、働き方改革によって、時間や場所にとらわれない働き方が当たり前になっていくでしょう。
 

令和の時代に家づくりをするなら、計画初期の段階からテレワークスペースを盛り込んでおきたいもの。今回は前回に引き続き、CUSTOM HOMEの事例をもとに、テレワークスペースのアイデアをご紹介します。
 

山が見える窓際に、白い造作カウンターを作りました。階段を上がった2階にあるため、仕事部屋としてオンとオフの切り替えができます。
 

こちらも、2階リビングにテレワーク兼スタディコーナーを設置しました。日が差し込む大きな窓があるため、開放感バツグンです。
 

階段を上がったところに、造作カウンターでテレワークスペースを確保しました。上は本棚として、下は机として活用できます。鮮やかなアクセントクロスの間から、景色を楽しめます。窓を目線の高さに持ってくることで、風通しがよくなる効果も。
 

従来のワークスペースは、寝室の片隅など、「こもれる空間」に作ることが一般的でした。
しかし、閉塞的な空間だといい発想は生まれません。
 

あえて開放的な場所をワークスペースにすることで、インスピレーションが生まれ、作業効率もアップするでしょう。
 

家具や観葉植物ひとつで、お部屋の雰囲気は変わります。環境を変えることは、パフォーマンスに大きな影響を与えます。いい場所で仕事をすることが、いい仕事を生むことになるでしょう。
 

CUSTOM HOMEでは、ワークスペースの施工実績が多数あります。テレワークスペースの作り方でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。経験豊富な建築プロデューサーが親身になってお話をうかがいます。