未分類

未分類

自分の夢を思い出させてくれた、図書館のあるお家【後編】

こんにちは、CUSTOM HOMEです。今回は前回に引き続き、みなさまに施工事例をご紹介します。
 

お母さまの反対がありながら、2階リビングのプランで家づくりを進めたWさまご夫婦。「本」をテーマにしたお家が無事完成し、お母さまとお父さまにもお越しいただきました。
 

外観は、女性がモデル立ちしている様子をイメージして、あえて柱をクロスさせています。また、曲線の美しいアール壁を採用しました。壁を曲げた理由は2つあります。
 

正面を向くと周りは家ばかりですが、少しお家の向きを変えれば、窓の先は公園です。その公園は、奥さまが小さい頃、祖父母や父母と遊んだ思い出の場所です。また、今後Wさまご夫婦のお子さまが公園で遊ぶ時も、リビングからその姿を見守れるでしょう。
 

2つ目の理由は、お部屋の内側にあります。曲線部分に本棚を造ることで、中央に立つと、目の錯覚で360度本棚に囲まれているように感じられます。本が大好きな奥さまの理想を追求した結果、アール壁を採用しました。
 

2階リビングに大反対していたお母さまは、できあがったお家を見て回ったあと、建築家の手を握ってこう仰ってくださいました。「自分たちの経験でしか、子どもにアドバイスできていなかった。でも、自分たちの経験でははかり知れないお家だった。ありがとう」
 

また、お父さまは「こんな景色、ここから見えたんや」とずっと和室にたたずんでおられました。もともとのお家は、周囲を家に囲まれており、窓をあけると隣家のベランダがすぐ見える状態でした。
 

そこで、周囲を家のベランダの位置を計算し、目線が合わないよう工夫。さらに、ちょうど遠くの山肌が見える高さに、スキップフロアの先の和室を造りました。
 

スキップフロアにしたのは、昔ながらの「離れの和室」をイメージしたからです。和室からは、周りの家の視線を気にすることなく、山肌の景色を楽しめます。お父さまは、この景色をずいぶん気に入ってくださいました。
 

本が大好きな奥さまは、「文字に携わる仕事をしたい」と考えていた時期もあったそうです。しかし、素敵なご主人と出会い、お子さまに恵まれ、いつしか「自分の夢」のことは忘れてしまっていました。
 

しかし、家づくりをきっかけとして、「自分が何をしている時が幸せか」もう一度向き合えたといいます。そんな奥さまは、ご友人とコピーライターの仕事を始めることになったそう。
 

家づくりは、ただ「家」というハコモノを造るだけではありません。人生を変えるきっかけにもなる、そんな家づくりが、CUSTOM HOMEの目指すところです。

未分類

自分の夢を思い出させてくれた、図書館のあるお家【前編】

こんにちは、CUSTOM HOMEです。
今回と次回で、前編・後編に分けてみなさまに施工事例をご紹介します。

Wさまご夫婦との家づくりは、「居心地のいい空間とは?」という問いに始まりました。
ご主人からは、「妻が気に入った家を建てることが僕の夢」という素敵なご回答をいただき、奥さまが一度問いを持ち帰ることになりました。

悩んでいた奥さまに答えをくれたのは、奥さまのお母さまでした。
「あなたといえば、図書館でしょ。小さい頃から、ずっと図書館で本を読んでいて。図書館があなたの居場所なんじゃない?」と。

その後、Wさまご夫婦と建築家で話し合い、「本」をテーマにプランニングすることになります。
もともと奥さまの祖父母が持っていた土地建物を、建て替える方向性で話が進みました。

もともとのお家は、周囲の家に囲まれているため、光が入りにくい状態でした。
そこで、2階リビングをご提案します。
しかし、ここで奥さまのお母さまから強い反対がありました。「2階リビングは買い物の時も来客時も行き来が大変だから、やめなさい」と忠告を受けます。

奥さまは悩みましたが、最終的には2階リビングのプランで進めることを決意されました。そしてお家が完成し、反対していた奥さまのお母さまもお越しになりました。

実際に完成したお家とご家族とのエピソードについては、後編で詳しくお伝えします。長くなりましたが、ぜひお読みいただければ幸いです。

未分類

「丈夫な家」かどうかは数字で確認できる?構造計算の話

こんにちは、CUSTOM HOMEです。
今日は、家の頑丈さを数字で確認できる「構造計算」についてお伝えします。

「見晴らしのいいお家にしたい」「大開口リビングに憧れている」という人は多いでしょう。しかし、壁の量が少なかったり、開口部が大きかったりすると、地震や暴風の影響をダイレクトに受けてしまいます。

しかし、工夫次第で「優れたデザイン性」と「安全性」を両立させることは可能です。
CUSTOM HOMEでは、そのために「構造計算」を行っています。

もともと、家の頑丈さを確かめる方法には、主に「構造計算」と「壁量計算」があります。

「構造計算」とは、建物の基礎・床・壁・柱・梁などすべての構造を入力し、建物の安全性を計算する方法です。
部材1つ1つの長さや断面の寸法、接合部分の情報などを入力し、短期・長期の2パターンで計算します。

短期とは、一瞬で大きな力が加わる場合、つまり地震や暴風などを想定した計算です。長期とは、長い年月が経つうちに自重でひずみが生まれないかを確かめる計算です。2パターンで計算すると、1つ1つの部材に問題がないか、すべて計算結果として表れます。

これに対して、「壁量計算」では、壁しか計算の対象にしません。
有効な耐力壁が何枚あるかという足し算で、耐震強度を計算します。しかし、これでは正確に「家の頑丈さ」をはかることはできません。

たとえば、耐力壁が一部にかたよっていると、それ以外の部分に負荷が集中し、ねじれが生まれるため、かえって危険度が高くなります。

「壁量計算」は、主に木造2階建てのお家で用いられます。「構造計算」は、3階建て以上は添付義務がありますが、2階建ての場合、基本的に添付義務はありません。そのため、「壁量計算」だけで安全性のチェックを終わらせてしまう業者もたくさんあります。

しかし、CUSTOM HOMEでは、すべてのお家で「構造計算」を行っています。2階建てのお家でも、「壁量計算」だけですませることはありません。

「安心感を持って家づくりをしてほしい」「長く快適に暮らしてもらいたい」という想いから、頑丈な家かどうかを数値で確認していただいています。

家づくりをするなら、デザインはもちろんですが、安全性もしっかりチェックしてみてください。

未分類

【社員紹介】家を建ててからも、ずっと続くお付き合い

こんにちは、CUSTOM HOMEの今井です。今日は社員紹介ということで、私のこれまでの経歴と、今CUSTOM HOMEで家づくりをしている理由をお話します。

早いもので、不動産業界にきて、今年で22年目になります。

過去には、大手損害保険会社の担当者、飲食店経営などをしていました。さまざまな年代やバックグラウンドの方とお話した当時の経験が、現在の接客に生きていると感じます。

不動産業界に入ってからも、決して一本道ではありませんでした。勤めていた工務店が倒産してしまい、担当していた建築途中のお客さまの家づくりを、1年間無償でサポートさせていただいたこともありましたが、その会社でご一緒に家づくりをしたお客さまとも今もつながっていただいていることが、私の宝物です。

その大切なお客さまのお一人からCUSTOM HOMEを紹介されました。それが私がここで働くようになったきっかけです。

家づくりに携わるようになり、私は「お客さまと家を創るのが好きだ」と心底感じています。

建築業界ではなく不動産業界へ入ったのが始まりで、他の社員は中古や建売の仲介をしていましたが、それだと契約すればそこでお客さまとの関係は終わることが多く、利益だけを考えて仕事をしなければならないことに、強い違和感を覚えていました。

家づくりなら、一からお客さまと接点を持ち、お客さまの理想を叶えるお手伝いができます。

私が今の仕事にやりがいを感じる瞬間は、お家が完成してからも、お客さまとお付き合いが続くことです。一番長いお客さまだと、もう17年近いお付き合いになります。

家は、建てて終わりではありません。家を建ててからも、「食洗器を入れ替えたい」「間仕切り扉をつけていたけど、壁にしようか迷っている」など、お客さまから気軽にお悩みを相談いただけることが、何よりの喜びです。

幸いなことに、私はこれまで人やご縁に恵まれ、たくさんの仕事を経験しました。しかし今は、CUSTOM HOMEでずっとお客さまの家づくりをサポートしたいと思っています。

CUSTOM HOMEは、ルールより自由を大切にします。だからこそ、社員がお客さまのことを考えて、生き生きと働ける環境があります。

私は、一人でも多くのお客さまに、「世界にたった一つの理想の家」を建ててほしいと心から願っています。「出かけるのも楽しいけれど、家にいるだけで楽しい」そんな風に思ってもらえる家づくりを、今後も続けていきたいです。