理想の家ができるまで 新着記事

施工事例

変形地を上手に活かした、山のシルエットと一体化する家【後編】

こんにちは、CUSTOM HOMEです。

高低差が大きく、後ろに竹藪がある三角地に対して、CUSTOM HOMEでは三角形のお庭のあるL字型の家をご提案しました。
前回に引き続き、こちらのお家の特長をさらに詳しくお伝えします。

南側の採光を確保しやすい位置に、三角形の空間を活かした庭をつくりました。プライバシーが確保された空間なので、アウトドアリビングとして活用できます。

地形を活かして、バスコートもつくりました。バスコートとはお風呂専用の坪庭のことで、外を眺めながらリラックスして入浴できるのが魅力です。
目隠しなしの大きな窓を作っても、擁壁と山が外からの目線をカットしてくれます。

三角形の空間を活かしてデッキスペースを確保。洗濯物を干しても、外から人に見られる心配がありません。
南からの光が入り、洗濯物もよく乾きます。

キッチンには、ダイニングカウンターとテーブルを造作で設置。
キッチンの後ろには、パントリーを兼ねた4メートルほどの壁面収納をつくりました。
間接照明を仕込み、落ち着いた空間に仕上げています。

眺望が抜群の2階寝室。
高低差のある土地ならではの眺望のよさを活かして、夜景を堪能できるベッドルームをご提案しました。

窓の光が幻想的な夜の外観。
陽が沈んだ後には家のシルエットが周りの山に溶け込むので、窓からこぼれる灯りが浮かび上がるような光景を見られます。様々な大きさの窓を配置し、山のシルエットと窓の光の饗宴を楽しめる外観デザインにしました。

CUSTOM HOMEでは、変形地を個性ととらえ、土地の特徴を活かした家づくりをご提案しています。
「変形地だから、いい家は建てられないだろう」と決めつけず、私たちにご相談ください。

施工事例

変形地を上手に活かした、山のシルエットと一体化する家【前編】

こんにちは、CUSTOM HOMEです。

土地の形がいびつだったり、高低差があったりと、一見家を建てるのが難しそうな変形地。
「正方形や長方形の整形地でないと、いい家は建てられないのでは?」と考えている方も多いかと思います。

変形地を活用した家づくりのご提案は、CUSTOM HOMEの強みのひとつです。その土地の特長を上手に活かすことで、世界にひとつだけの個性をもつ素敵な家を建てることが可能です。

また、変形地は土地の購入費用を比較的抑えられるので、その分家の設計における理想が叶えやすくなるというメリットがあります。

こちらは変形地を活かした施工事例のひとつです。
三角形の土地で高低差が大きく、後ろには竹藪がある70坪ほどの土地でした。

まず、建築プロデューサーがお客さまと一緒に土地を見に行き、三角形の土地に対してL字型の家を建てることをご提案しました。

南側の採光を確保しやすい位置に三角形の庭をつくれば、プライバシーを確保できます。アウトドアリビングとして、家族だけの時間を過ごすのにもってこいです。

また、日射をシミュレーションすると、竹藪のおかげでまぶしい西日が当たらないことも分かりました。

このように、変形地の特徴を活かしながら、その土地ならではのメリットを家づくりに活かすことが可能です。
お客さまからはプランを気に入っていただき、その場で意思決定をいただきました。

変形地だったことから、近隣相場よりもかなり割安に広い土地を購入できました。

次回の後編では、変形地を活かしたこちらの事例の魅力をさらに詳しくお伝えします。

こだわりの家づくり

【花粉症対策と家づくり】エントランスクローゼットの活用術

こんにちは、CUSTOM HOMEです。

花粉症の方にとってはつらいこの季節。今回は、家づくりでできる花粉症対策の1つ、「エントランスクローゼット」についてお話します。

玄関を入ってすぐの位置に設けるエントランスクローゼット。
帰宅後、玄関でアウターを脱いでエントランスクローゼットにしまえば、アウターについた花粉を住空間に持ち込むことを防げます。

エントランスクローゼットから直接アクセスできる位置に玄関手洗いを設置すれば、帰宅後の動線もスムーズに。
エントランスクローゼットをウォークスルーにし、家族用玄関として使うというアイデアです。
アウターを脱ぎ、手を洗ってからLDKに向かえます。

帰宅後の動線を考慮した家なら、お子さまの手洗い習慣が自然と身につくというメリットも。教育の観点から間取りを考えることも大切です。

エントランスクローゼットに引き戸をつけておけば、サッと目隠しができるので、来客時も安心。
引き戸なら、ふだんは開け放っておくこともできます。

家づくりでできる花粉症対策は、新型コロナウイルスの感染予防対策としても有効と考えられます。

「家づくりでも花粉症対策を取り入れたい」「新型コロナウイルスによる生活様式の変化に合わせた家づくりをしたい」という方は、一度CUSTOM HOMEにご相談ください。

こだわりの家づくり

バルコニーを自由に使えば、ライフスタイルがもっと豊かに

こんにちは、CUSTOM HOMEです。

バルコニーやベランダは一般的に、「洗濯物を干す場所」と考えられています。そのため、横に細長い形状でつくることがほとんどです。しかし、バルコニーやベランダに「洗濯物を干す場所」という役割しか持たせないのは、少しもったいないかもしれません。

バルコニーやベランダを一定以上の広さでつくれば、「家族が集う場所」になります。
アウトドアリビングとして、アウトドアダイニングとして、お子さまのプレイスペースとして。活用の幅がぐっと広がります。

こちらの施工事例では、2階のLDKと洗面所に面した位置にバルコニーを設置しました。

ベンチを造作し、間接照明が足元から優しくライトアップする仕様に。
お風呂上りにビールを片手にのんびり夕涼みができます。
キッチンが近いので、家族や友人とグリルを囲んでBBQするにもぴったり。

外から見えないよう目隠しをすれば、家族だけのプライベート空間になります。

夏にはビニールプールを置いてお子さまの遊び場に。たまには夫婦水入らずでムーディな時間を過ごすのもいいですね。

テーブルやチェアを置いて使うことを想定するなら、広さは4畳半~6畳が目安です。
バルコニーやベランダは、使い方次第でライフスタイルをより豊かにしてくれます。

バルコニー・ベランダの施工事例が気になる方は、お気軽にお問い合わせください。