理想の家ができるまで 新着記事

こだわりの家づくり

外壁材8種類どう選ぶ?デザイン性・耐久性・コストを解説

こんにちは、カスタムホームCUSTOM HOMEです。

 

外壁は外観の印象を大きく左右します。「どんな外壁にしよう?」と悩んでいる方も多いでしょう。今回は、外壁材の特徴について解説します。

 

 

代表的な外壁8選

 

代表的な外壁は、8種類です。順番にデザイン性や耐久性、コストといった特徴を解説していきます。

 

1.窯業系サイディング

 

 

窯業(ようぎょう)系サイディングは、日本の住宅で最も多く採用されています。

 

リーズナブルでデザインが豊富なことがメリットです。

 

一方、サイディングとサイディングの間をコーキングで防水するため、コーキングが劣化すると、雨水が侵入する恐れがあります。

 

しかし最近では、つなぎ目のない窯業系サイディングも登場しています。最も多く採用されているからこそ、進化も早いという特徴があります。

 

2.金属系サイディング

 

 

ガルバリウム鋼板をはじめとした金属系サイディングは、年々需要が増えてきています。

 

窯業系の次にリーズナブルで、耐久性・断熱性が高いのがメリットです。一方、窯業系と同じく、コーキングの劣化には注意が必要です。

 

3.樹脂系サイディング

 

 

アメリカ映画などでよく登場するのが樹脂系サイディングです。

 

耐久性と酸性雨に強く、再塗装しなくていいのがメリット。北米では高いシェアを誇ります。ただし、価格が高く、カラーバリエーションや種類が少ないことがデメリットです。

 

4.木質系サイディング

 

 

最近、徐々に採用されるケースも出てきました。木の温もりが感じられるデザイン性が魅力です。一方、雨水に弱く、定期的なメンテナンスが必要です。導入コストやメンテナンスコストを十分に考慮して採用しましょう。

 

5.モルタル

 

 

モルタルは、日本で昔から使われてきた外壁です。

 

耐久性抜群で防火性にも優れており、デザインを追求したい方にももってこいです。吹き付けたり、塗ったり、こだわりをカタチにできるのがメリットです。

 

6.タイル

 

 

たくさんの種類があり、選ぶ楽しみがあるのがメリットです。一方、劣化した部分は定期的にメンテナンスが必要です。

 

7.ALC

 

 

ALCは、断熱性と耐火性に優れ、耐用年数が長く、メンテナンスすれば60年以上余裕でもつといわれています。外壁材にしては軽量なのも特徴です。ただし、価格が高いため、予算に応じて採用しましょう。

 

8.漆喰

 

 

漆喰は日本の風土にマッチする外壁で、1000年以上前から親しまれてきました。目地が表に出ないため、コーキングの打ち換えも必要ありません。水洗いでき、かけたりはがれたりしても上塗りすればOKというメンテナンスのしやすさがメリットです。

 

後悔のない外壁選びをするために

 

外壁には色んな種類があり、それぞれメリット・デメリットがあります。「結局どれを選べばいいの?」と悩む方も多いでしょう。後悔ポイントをなくす外壁選びの考え方をお伝えします。

 

優先順位を決めよう

 

 

デザイン性・メンテナンス性・耐久性・コストなどを踏まえ、優先順位を決めましょう。

 

しかし、多くのお施主さまと家創りをしてきた中で感じるのが、「デザイン性」を重視したほうが、後悔が少なくてすむということです。

 

帰宅する時、毎日目にする「わが家」。お気に入りのデザインだと、日々の暮らしの満足度が高くなります。悩んだときは、デザイン性を優先することをおすすめします。

 

プロに相談しよう

 

外観デザインについては、希望を伝えた上で、プロにプランを提出してもらうのが一番です。想像だけでは、なかなか理想の外観にたどりつけません。

 

自分たちの好みのテイストを伝え、提案してもらい、イメージをすりあわせていく。この過程をくりかえすことで、本当に自分たちらしい外観デザインを実現できるはずです。

 

▽カスタムホームCUSTOM HOMEが手掛けた施工事例の外観デザイン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カスタムホームCUSTOM HOMEでは、お客さまのご要望にきめ細やかに応える家創りをしています。世界に1つだけの理想の家を建てたい方は、ぜひ私たちにご相談ください。

 

▽外壁選びについては、コチラのYouTube動画もご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=VPLfY_2bGmI

建築施工事例

【施工事例】こだわりの外観!2階LDKとバルコニーのある家(大阪府豊中市)

こんにちは、カスタムホームCUSTOM HOMEです。

 

今回は、約20坪の狭小地でこだわりの注文住宅を建てたAさまの施工事例をご紹介します。

 

 

ななめにスリットの入ったこだわりの外観デザイン。

 

窓の配置も、外観の印象、採光、プライバシーに配慮して決めています。

 

 

 

時間帯によって異なる表情を楽しめる外観になりました。

 

 

玄関は、上がりかまちをななめにし、間接照明を仕込みました。
上がりかまちをななめにすることで、奥行きが感じられ、空間が広く見える効果があります。

 

右手の扉の向こうは、シューズクローゼットです。

 

 

たっぷり収納スペースを確保。可動棚だけでなく、ハンガーパイプもあるので、アウターをかけて収納できます。
シューズクローゼットにアウターを収納すれば、花粉やウイルスを居住空間に持ち込むリスクを減らせます。

 

 

明るく広々とした2階LDK。狭小地で、周囲を住宅に囲まれていても、工夫次第で明るく開放的な空間に仕上げることができます。

 

「バルコニーでゆったりくつろぎたい」というご主人の夢を叶えるため、内と外のつながりが感じられるフラットバルコニーを設けました。

 

 

ダイニングやキッチンからもすぐにアクセスできるため、休日にバルコニーでランチを楽しむのも素敵です。

 

 

夜のバルコニーでは、昼間とはまた違った雰囲気を楽しめます。

 

 

リビングからは、秘密基地のようなロフトにアクセスできます!

 

 

広々としたロフトは、お子さまの遊び場にぴったり。
お子さまが大きくなってからは、思い出の品や部活道具をしまう収納スペースとしても大活躍します。
お子さまが独立してからは、大人の趣味スペースにするのも素敵ですね。

 

 

ロフトからの景色。LDKとのつながりが感じられます。

 

また、ロフトで空間をタテに活用することで、狭小住宅でも空間が広々として感じられるという効果があります。

 

 

室内干しスペースのある広々とした洗面所。バルコニーから自然光が差し込むため、洗濯物もよく乾きます。

 

 

Aさま邸では、1階に主寝室と子ども部屋を設けました。
主寝室は、ダークカラーのアクセントクロスとブラケットライトで、落ち着いた雰囲気に。

 

 

主寝室には、ご夫婦の衣類を収納できる広々としたウォークインクローゼットを併設しました。
アクセントクロスで遊び心を加えています。

 

住宅密集地にある狭小地でも、工夫次第で、居心地の良い住まいにすることは可能です。プライバシーを確保しつつ、明るく開放的な空間に見せる手法はたくさんあります。

 

カスタムホームCUSTOM HOMEには、豊富な狭小住宅の施工実績があります。狭小地での家づくりをお考えの方は、お気軽に私たちにご相談ください。

 

▽狭小住宅の施工例や広く見せるコツについては、こちらの記事もご覧ください。
【12坪の狭小住宅の施工例】斜めの壁で「面」を強調し、広々とした空間に
https://custom-home.jp/2021/12/post3172/

建築施工事例

【事例で学ぶ】おしゃれで機能的な玄関にするコツ

こんにちは、カスタムホームCUSTOM HOMEです。

 

玄関は、来客が最初に目にする場所。「広々とした素敵な玄関にしたい、でもLDKも広くしたい…」そう悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

 

実は、広々としたスペースを確保しなくても、工夫次第で機能的で素敵な玄関にすることは可能です。

 

また、住んでからの暮らしを快適なものにするためには、玄関の使い勝手も重要なポイントです。せっかくおしゃれな玄関にしても、モノがあふれて片付かないと、ストレスになってしまいます。

 

今回は、実例をたっぷり紹介しつつ、おしゃれで機能的な玄関にするコツをお伝えします。

 

玄関に光を採り込むアイデア

 

たとえコンパクトな玄関でも、光が差し込む明るい玄関なら、広々として感じられます。
玄関は、広さ以上に、明るさが大事なのです。まず、開放的で明るい玄関にするコツをご紹介します。

 

1.吹き抜け

 

 

こちらの施工事例では、玄関を吹き抜けにし、2階の大きな窓から光を採りこめるようにしました。
コンパクトながら、タテの広がりを感じられ、開放的な空間に。印象的な照明を組み合わせ、おしゃれに仕上げました。

 

正面にも窓があり、外とのつながりが感じられます。また、withコロナ時代に配慮し、玄関手洗いも設けました。

 

▽こちらの施工事例を詳しく知りたい方はこちら。
【施工事例】中庭×見守りLDKのある家(大阪府高槻市)
https://custom-home.jp/2022/06/post4269/

 

2.坪庭

 

 

玄関のそばに坪庭を作り、大きなFIX窓をつけると、開放感がアップします。
こちらの施工事例では、正面のドアも向こう側が透けるタイプを選び、より空間が広々と感じられるよう工夫しています。

 

▽こちらの施工事例を詳しく知りたい方はこちら。
バウハウスのトーンを意識して――無機質さとぬくもりが調和するお家【前編】
https://custom-home.jp/2020/12/post2276/

 

 

玄関土間が左右に広がる、個性的な玄関。右手には坪庭があり、開放感たっぷりです。
左手には玄関収納があります。LDKは2階にあり、正面の階段からすぐにアクセスできます。

 

▽こちらの施工事例を詳しく知りたい方はこちら。
自分の夢を思い出させてくれた、図書館のあるお家【前編】
https://custom-home.jp/2020/05/post1819/

 

3.室内窓

 

 

 

玄関に室内窓を設けることで、LDKの光を玄関まで届けることができます。
こちらの施工事例では、ガラス入りの無垢の建具と室内窓が、程よい抜け感を演出。公園の借景を活かしたLDKの光が玄関にも差し込みます。

 

▽こちらの施工事例を詳しく知りたい方はこちら。
借景を活かした「写真映え」するお家【前編】
https://custom-home.jp/2021/06/post2653/

 

4.借景

 

 

高低差のある変形地で、大きな窓から周囲の景色を上手に取り込み、コンパクトながら印象的な玄関にしました。

 

▽こちらの施工事例を詳しく知りたい方はこちら。
変形地を上手に活かした、山のシルエットと一体化する家【前編】
https://custom-home.jp/2021/03/post2499/

 

機能的で使いやすい玄関にするアイデア

 

毎日使う玄関は、使い勝手も重要です。
広さやデザインだけでなく、機能性にもこだわりましょう。

 

1.エントランスクローゼットを作る

 

 

玄関には、シューズクロークを兼ねた「エントランスクローゼット」を作ると便利です。
こちらはオープンタイプのエントランスクローゼット。斜めのラインを活かし、おしゃれな仕上がりに。
2階LDKへは、目の前の階段を通ってすぐにアクセスできます。

 

 

 

こちらは扉で隠せるタイプのエントランスクローゼットです。
実はこちらのエントランスクローゼットは、通り抜けができるウォークスルータイプ。
帰宅後、土間収納を通り抜けてパントリーに荷物をしまい、そのままキッチンに抜けることができます!

 

 

▽こちらの施工事例を詳しく知りたい方はこちら。
【施工事例】BBQ専用グリルと露天のジェットバス!故郷のスタイルを尊重したお家
https://custom-home.jp/2019/12/post1407/

 

2.玄関手洗いを設ける

 

 

最近では、感染対策のため、玄関手洗いを設ける方が増えています。
こちらの施工事例では、シンプルな玄関手洗いを設置しました。シンプルでスタイリッシュな玄関に仕上がっています。

 

 

エントランスクローゼットの中に玄関手洗いを設けるアイデアもあります。
ウォークスルー型にすれば、靴を脱いで手を洗い、そのまま通り抜けてLDKへ行くことができ、帰宅動線がスムーズです。

 

エントランスクローゼット内を家族用の帰宅動線として利用すれば、玄関を常に綺麗な状態に保てます。

 

玄関をおしゃれに魅せるその他のアイデア

 

玄関をおしゃれに魅せるアイデアは他にもあります!3つの工夫を見ていきましょう。

 

1.上がりかまちに間接照明を仕込む

 

 

上がりかまちに間接照明を仕込むと、ハイセンスな印象の玄関に。足元が照らされるので、安全性の面でも◎

 

2.上がりかまちの形を工夫する

 

 

 

上がりかまちをななめにすると、奥行きが生まれ、玄関が広く見える効果があります。

 

 

階段状の上がりかまちにするのもおすすめ。個性的で遊び心あふれる玄関になります。また、2ヵ所で靴の脱ぎ履きができるため、玄関が混雑しにくいというメリットも◎

 

3.照明使いで空間を演出する

 

 

玄関はコンパクトな空間だからこそ、照明が空間の印象を大きく左右します。こちらの施工事例では、ニュアンスのある壁紙にあわせて、ペンダントライトをあえてふぞろいに配置しました。

 

 

こちらの施工事例では、インパクトのあるペンダントライトを設置。
天井や壁に映り込む光の陰影を楽しめます。

 

4.LDKのインテリアを切り取る

 

 

キッチン背面の赤いアクセントクロスがのぞく玄関。
LDKのインテリアを切り取り、印象的で想像力をかき立てる玄関に。

 

▽こちらの施工事例を詳しく知りたい方はこちら。
中庭と円形ライブラリーのあるバリアフリーのお家【前編】
https://custom-home.jp/2020/04/post1737/

 

カスタムホームCUSTOM HOMEでは、細部にまでとことんこだわって家創りをしています。
世界に1つだけの理想の家を建てたい方は、ぜひ私たちにご相談ください。

 

▽玄関については、コチラのYouTube動画もご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=a0yrGd0qDXY

建築施工事例

【施工事例】夫婦2人で暮らす平屋の住まい(大阪府東大阪市)

こんにちは、カスタムホームCUSTOM HOMEです。

 

今回は、東大阪市のSさま邸の施工事例をご紹介します。
夫婦2人の住まいであること、お2人とも車に乗る習慣がなかったこと、40坪ほどの広い土地が見つかったことから、平屋の家創りがスタートしました。

 

「土間とつながる空間」「ロフトの書斎スペース」など、個性あふれる平屋の住まいが完成しました。

 

 

]

 

ブラックの外観は、無駄を排したシンプルなたたずまいに。
電球色の照明を組み合わせることで、夜も印象的な雰囲気になるようデザインしました。

 

カスタムホームCUSTOM HOMEでは、照明計画や外構計画も含めて「家創り」だと考えています。

 

ありがたいことに、よくお客さまから「夜の外観写真が素敵」と言っていただくことがありますが、夜の外観写真を撮れるのは、照明や外構もすべて完成しているからなのです。

 

カスタムホームCUSTOM HOMEでは、毎日の帰宅が楽しみになるような外観デザインを、プロの建築家がご提案します。

 

 

 

玄関のみ異なるデザインの外壁を用い、さり気なくアクセントをプラスしました。
玄関扉は木目調の引き戸です。

 

将来のことを考慮し、階段をなくして、開け閉めしやすい引き戸を採用しました。
平屋の住まいは、将来も安心して暮らせるのがメリットです。

 

 

開放感いっぱいの玄関土間。
正面の大きな窓から、自然光がふんだんに差し込みます。

 

右手側の上がりかまちの下に間接照明を仕込むことで、印象的な雰囲気に。

 

 

このように引き戸を閉めれば、プライバシーを確保することもできます。

 

 

玄関の左手には、ロフトの書斎スペースが登場。
ロフトの下は天井高1.4mの広々とした収納スペースです。
ダイニングからステップ階段をのぼり、簡単に書斎にアクセスできます。

 

平屋でも、ロフトを活用することで、空間に変化を持たせることができます。
LDKと視線の高さが変わることで、程よい「こもり感」が生まれ、仕事に集中できます。

 

 

玄関の右手には、エントランスクローゼットがあります。
withコロナ時代にあわせて、小さな手洗いコーナーを設けました。

 

左手には、ファミリークローゼットと洗面所があります。

 

外出時は、洗面所とファミリークローゼットで身支度をととのえ、エントランスクローゼットを通り、最後に壁掛けミラーで全身をチェックして、そのまま外出できます。

 

カスタムホームCUSTOM HOMEでは、家事動線はもちろん、帰宅動線をはじめとする生活動線にもこだわった家創りをしています。
動線を考え抜くことで、住んでからも快適な暮らしが続きます。

 

 

こだわりをカタチにしたダイニングキッチン。

 

 

 

ダイニングテーブルと一体型のキッチンです。
横並びなので、配膳もスムーズ。

 

 

自然光が差し込む中、気持ちよく料理ができます。

 

 

ダイニングキッチンの前には、6帖のダウンリビングを設けました。
ロフトの書斎スペースともつながりが感じられる空間です。

 

ダウンリビングとは、一段下げて作るリビングのこと。
視線をさえぎらずゆるやかに空間を区切ることができ、天井が高くなる分、開放感もアップします。

 

ダウンリビング、ダイニングキッチン、ロフトの書斎スペースと、平屋でありながら高低差を楽しむ間取りが実現しました。

 

 

ロフト下の収納スペースには、ダウンリビングからもアクセスできます。

 

 

室内干しスペースのある広々とした洗面所。

 

賃貸住宅の洗面所の多くは、2帖の広さしかありません。
しかし、洗面所は意外と収納するモノが多く、洗面・脱衣・洗濯と、毎日の生活の中で使う頻度の高い部屋です。

 

カスタムホームCUSTOM HOMEでは、3帖を目安に、広くて使いやすい洗面所をご提案しています。
洗面所に室内干しスペースや収納スペースを充実させることで、暮らしにゆとりが生まれます。

 

写真左手にある引き戸の向こうは、キッチンです。キッチンを中心に、水廻りを回遊できる動線にしました。

 

 

ネイビーのアクセントクロスと間接照明がおしゃれなトイレ空間。

 

エントランスクローゼットと同じアクセントクロスを採用し、統一感を持たせています。

 

 

ダウンリビングの横にある主寝室。枕元にニッチの飾り棚をつけました。
収納も確保し、こだわりのペンダントライトを設置。
高窓からは自然光も差し込みます。コンパクトでありながら、こだわりの詰まった空間に仕上がりました。

 

主寝室・LDKが同じフロアにある平屋なら、将来はもちろん、ケガなどで階段の上り下りが難しいときも安心です。
ワンフロアの平屋では、必然的にすべての動線がコンパクトになるため、掃除の負担も減り、快適に暮らせます。

 

今回は、カスタムホームCUSTOM HOMEの施工事例として、東大阪市のSさま邸をご紹介しました。
カスタムホームCUSTOM HOMEは、大阪府枚方市を拠点に、大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・奈良県で家創りをしています。

 

世界にたった1つの理想の家を建てたい方は、ぜひ私たちにご相談ください。

 

カスタムホームCUSTOM HOMEには、豊富な平屋の施工実績があります。
平屋の家には次のような魅力があります。

 

〇平屋の魅力1.生活動線・家事動線がコンパクト
〇平屋の魅力2.家族の気配を感じやすくつながりが生まれる
〇平屋の魅力3.将来、ケガをしたときなども安心して暮らせる
〇平屋の魅力4.地震や風に強く安全性が高い
〇平屋の魅力5.メンテナンス費用を抑えやすい

 

平屋でも、勾配天井や高天井を活用すれば、開放的な空間にすることも可能です。
また、今回の施工事例のようにロフトやダウンリビングを活用し、空間にリズムを生み出すこともできます。

 

一方で「通りからの視線などプライバシー対策が必須」「採光計画・通風計画を立てないと日当たりや風通しが悪くなる」「希望の間取りを叶える敷地面積が必要」など注意すべき問題点もありますが、設計力があり施工実績が豊富なカスタムホームCUSTOM HOMEにお任せください。

 

カスタムホームCUSTOM HOMEの他の施工事例も見てみたい方はコチラ。
外は黒、中は白――「コットン」がテーマの窓のない家

 

開放的な空間でリゾートのような暮らし――ご先祖さまを大切にするお家【前編】