融資(ローン)に必要な費用

ここでは一般的な住宅ローンにかかわる諸費用を紹介しております。
金融機関によって条件や費用が異なる場合がありますので詳細はご相談ください。

お金の相談

金銭消費貸借契約書印紙代は、金融機関で住宅ローンを組む時に交わされる契約書に必要な費用です。
借り入れする金額によって印紙代は異なります。

印紙代 1,000万円越 5,000万円以下:2万0千円
5,000万円越 10,000万円以下:6万0千円

融資(ローン)手数料

融資(ローン)手数料は、住宅ローンを組む際の事務手数料として金融機関に支払う費用です。
通常は、融資金額から差し引かれる形になります。金融機関によって融資手数料は異なります。

融資(ローン)手数料 3万円~5万円+消費税程度

ローン保証料

ローン保証料は、連帯保証人の代わりに保証会社を利用する場合に、保証会社に対して支払う費用です。
(ほとんどの人が保証会社を利用します)
なお、ローン保証料の支払い方法については外枠方式と内枠方式があり、どちらかを選択できる金融機関もあります。

(下記例では外枠方式)
・外枠方式:融資時期に一括して保証会社に支払う方式。
・内枠方式:保証料を金利に含め、融資機関から保証会社に支払う方式。

※外枠方式の場合は保証料を自己資金から支払います。

※外枠方式よりも内枠方式の方が保証料の合計支払い額が多くなります。

ローン保証料 100万円当たり35年で2万1千円程度

団体信用生命保険料

団体信用生命保険料は、万が一借主の返済が不可能になった際、
残された返済を解消してくれるという生命保険に加入した場合に保険会社に対して支払う費用です。
通常、民間融資の多くは金利に団体信用生命保険料が含まれています。

※フラット35を利用される場合、保険の加入は任意ですので別途費用として発生いたします。

火災保険料

住宅ローンを利用し、住宅を建てる場合、火災保険への加入が必要となります。
合わせて地震保険への加入もしていただけます。

つなぎ融資

住宅ローンは原則、建物が竣工しているものに融資されます。
お土地を買って住宅を建設する場合、お土地代金の支払いと建物の着工金、中間金の支払いが生じるため、資金を調達しなければなりません。
そこで利用されるのが「つなぎ融資」です。住宅ローンが融資されるまでの一時期だけ別のローンを組んで支払います。
金融機関によって条件や費用が異なります。