未分類

未分類

自然のエネルギーを利用する「パッシブデザイン」

こんにちは、CUSTOM HOMEです。

最近の住宅は、気密性・断熱性に優れています。
高気密・高断熱の家なら、それだけで快適な生活が叶うと思われがちです。

しかし、日射の取得や遮蔽、通風を考慮する「パッシブデザイン」を取り入れなければ、快適な生活は実現しません。パッシブデザインとは、自然のエネルギーをどう利用するかを考えて建物を設計することです。

例えば、外からの光がたっぷり入る設計にすると、その分、熱もお家の中に入ってきます。高気密・高断熱の家では、気密性・断熱性が高いがゆえに、その熱を外へ逃がすことができません。そのため、熱をうまく逃がす方法を考える必要が出てきます。

熱対策の1つとして、「軒」を出すことが考えられます。
軒を出すと、太陽の角度が急な夏は、日陰ができて熱の侵入を防げます。一方、太陽の角度がゆるやかな冬は、デッキからリビングまでたっぷり光と熱を取り入れられます。

デッキや大開口窓を取り入れるなら、夏は光を抑えて、冬は光を取り込む工夫が大切です。

CUSTOM HOMEでは、トレンドやこだわりを取り入れながらも、「本当に快適に暮らせるかどうか」という視点で家づくりをしています。パッシブデザインに興味のある方、快適に暮らせる家にしたい方は、お気軽にCUSTOM HOMEまでお問い合わせください。