未分類

未分類

引き戸と開き戸のメリット・デメリット

こんにちは、CUSTOM HOMEです。

最近は引き戸の人気が高く、「開き戸より引き戸がいい」という印象を持っている方が多くいらっしゃいます。

引き戸のメリットは、開けっ放しにすることで空間を有効活用できることです。普段はお部屋を開放的に使い、必要な時だけ閉めるといった使い方ができます。

車椅子での生活を考えたときにも、引き戸がおすすめです。開き戸では、押す時も引く時も、その度に車椅子を動かす必要があります。それに対し引き戸は、開け閉めの動線がかなり楽になります。

一方、引き戸のデメリットとしては、ドアもう1枚分のスペースが余分に必要になることが挙げられます。
その部分を構造用の壁にできなくなったり、壁を飾れなくなったりと、建築の発想やプランの自由度が制限されることも。

コスト的にも、開き戸よりも引き戸の方が少し高くなってしまいます。

また、引き戸はどうしても隙間ができてしまうので、気密性や音漏れが心配です。トイレなどは、できるだけ開き戸にした方が良いでしょう。開き戸は、閉めたときのビジュアルがきれいで、お部屋をスッキリ見せられるというメリットもあります。

部屋の用途やライフスタイルに合わせて、引き戸か開き戸かを選択していくことが大切です。CUSTOM HOMEでは、メリット・デメリットの両方を分かりやすくご説明し、最適なご提案をします。納得できる家づくりをしたい方は、ぜひ一度ご相談ください。