未分類

未分類

【建築家が教える】照明を空間演出に活かす方法

こんにちは、CUSTOM HOMEです。
 

照明はお部屋の印象を大きく左右します。インテリアにこだわりがあるなら、照明の配置を工夫しましょう。
 

天井に埋め込むダウンライトは、お部屋全体が光るよう、まんべんなく配置されることがほとんどです。しかしそうすると、壁にくっきりと影ができてしまい、落ち着かない部屋になることも。
 

壁に影を出したくない時は、真ん中にダウンライトを集中させる「集中配灯」にしましょう。そうすれば、お部屋全体が上から下にかけてまろやかなグラデーションになり、やわらかな雰囲気を演出できます。
 

一方、あえて影を作ってニュアンスを楽しみたい時は、壁の近くにダウンライトをつけましょう。
 

廊下などで、真ん中にダウンライトが配置されていることがあります。しかし、殺風景な廊下だと、それでは面白味がなく感じられることも。
 

壁の片側に寄せるようにダウンライトを配置すれば、壁に光の輪ができ、間接照明のような明るさになります。
 

ホテルの廊下などで、全体的には薄暗いけれど、絵画に照明が当てられているのをよく見かけます。こういった工夫は、家づくりでも取り入れることができます。
 

光も影も、工夫次第でインテリアの一部になります。CUSTOM HOMEでは、照明計画から丁寧にアドバイスさせていただくので、家づくりをご検討中の方はぜひご相談ください。