未分類

未分類

仕上げ材の違いとは?ハウスメーカー・建売住宅・CUSTOM HOMEを比較

こんにちは、CUSTOM HOMEです。
 

家づくりにおいて「どこに依頼するか」は非常に重要です。
今日は、仕上げ材に関して、ハウスメーカー・建売住宅・CUSTOM HOMEの違いを解説します。
 

仕上げ材とは、フローリング・タイル・クロス・塗装材など、最後の仕上げに使う材料のことです。
 

ハウスメーカーでは、選べる仕上げ材はあらかじめ決められています。決められた範囲内でカラーや素材を選ぶことはできますが、ゼロから自由に選べるわけではありません。ハウスメーカーにとって、家はあくまで商品だからです。
 

また、ハウスメーカーでインテリアにこだわろうと思ったら、プラスアルファの料金を払ってインテリアコーディネーターに依頼しなければなりません。
 

建売住宅では、既に建築は終わっているので、基本的に内装材を選ぶことはできません。販売スピードが重要なので、建売住宅の営業マンは、できるだけそのままの形で販売しようとします。
 

CUSTOM HOMEでは、一切の制限がありません。屋根やサッシ、玄関扉なども、希望する外観やインテリアに合わせて自由に選べます。
 

また、お客さまのイメージをヒアリングし、インテリアのご提案もさせていただきます。設備のアドバイスから照明計画まですべて建築プロデューサーが親身に対応するので、家ができあがった時「こんなはずじゃなかった」というズレが起きません。
 

仕上げ材の違いは、想像以上に家のデザインや性能を左右します。インテリアにこだわりがあるなら、CUSTOM HOMEにご相談ください。