未分類

未分類

建築家のアイデア満載!本当にほしかったウォークインクローゼット

こんにちは、CUSTOM HOMEです。

洋服をたっぷり収納できるウォークインクローゼットは、多くの人に支持されています。
最近では、注文住宅だけでなく、建売や賃貸でもウォークインクローゼットつきの物件を見かけるようになりました。

ウォークインクローゼットというと、枕棚とパイプが付いた3畳ほどのスペースを想像する人が多いのではないでしょうか。

注文住宅であっても、申し訳程度に棚とパイプをつけ、ウォークインクローゼットとしているところは多々あります。

しかし、それで本当に快適な暮らしが実現できるでしょうか。

せっかく注文住宅ですべてを自分好みに作れるなら、毎日のように使うウォークインクローゼットこそ、こだわりたいものです。

CUSTOM HOMEでは、荷物の量や使い方を丁寧にヒアリングし、お客さまの暮らしにぴったり寄り添うウォークインクローゼットをご提案します。

まず、手が届きにくい上段には、冠婚葬祭や旅行アイテムなどをひとまとめにして置けるスペースを作ります。
続いて、トップスやワンピースなどをかけられるハンガースペースを設けます。

ハンガーにかけると伸びてしまう服もあるため、引出収納も組み合わせると断然使い勝手がよくなります。

引出収納は、造作で作ることもできますが、そうすると価格が高くなります。

予算を抑えて使い勝手をよくしたい方には、イケアや無印、ニトリの商品で、お部屋の雰囲気にマッチするものを建築プロデューサーが選定させていただきます。

意外と多くの方が悩みがちなのが、カバンの収納ではないでしょうか。

カバンはサイズもばらばらで、何かと置き場所に困るもの。

CUSTOM HOMEでは、カバンを綺麗に収納できるよう、ご希望に応じてカバン専用の可動棚を設置します。

可動棚なら、カバンを買い替えても、手持ちのカバンのサイズや量に合わせて棚を動かすことができ、スペースに無駄が生まれません。

カテゴリー別にカバンを整理すれば、スッキリ片付いて見えます。

手が届きやすい位置には、アクセサリーや時計を置くスペースを設けましょう。その下には、ストールやスカーフ、帽子や手袋などをかけられるスペースがあると便利です。

また、ウォークインクローゼットの中に姿見を取り付けることで、洋服のコーディネートまで完結します。
姿見のそばにはフックをつけ、明日着ていく洋服をコーディネートしてかければ、次の日そのまま着替えて外出できます。

ウォークインクローゼットの中にコンセントを設け、ハンディスチーマーでしわ伸ばしができるようにするのもおすすめです。

「ウォークインクローゼットが欲しい」といわれた時、「棚とハンガースペースを作ろう」というのが普通の会社の発想です。

一方CUSTOM HOMEでは、暮らし方をご提案することに重きを置いています。

家を建てて渡すだけでは、素敵な暮らしは実現しません。
暮らし方の部分まで踏み込んで考えることで、ぴったり自分に寄り添う理想の家が完成するのです。